• ホーム
  • 映画
  • 千葉雄大、前田敦子の気遣いに感謝「緊張ほぐれた」

千葉雄大、前田敦子の気遣いに感謝「緊張ほぐれた」

 俳優の千葉雄大が4月30日、都内で行われた映画『モヒカン故郷に帰る』GW親孝行イベントに登場。共演者の柄本明から撮影中に「雄大、お前は寡黙だな」と声をかけられたという千葉だが「そうしたら、前田敦子さんが『人見知りでしょ?』ってすごく話しかけてくださった。前田さんも人見知りなのに話してきてくれたので、おかげで緊張がほぐれました」と感謝した。

 同席した、もたいまさこも「割とみんな寡黙で『このまま1週間、誰ともしゃべらないで終わっちゃうんじゃないか』と思っていたんですけど、あっちゃんが、柄本さんに『明さんー』っていきなり言ってから、現場がほぐれましたよね」とにっこり。「私にも『まさこ様』って言ってきてくれた。あっちゃんみたいに、ポーンと出てくる人が居てくれてよかった」としみじみ語った。

 お互いの印象について話題が及ぶと、もたいが「千葉さんは受け身で、何でも受けてくださる。それに、ものすごく気を遣う方だから、私たち大人は和んでいました」と絶賛。千葉は「実は、僕もけっこうな大人なんですよ」と恥ずかしそうに返しながら「自分の仕事の中でも、すごく大好きな作品。ぜひ、ゴールデンウィークにいろんな方にオススメしていただけたらうれしいなと思っております」と呼びかけていた。

 同作は、広島の瀬戸内海にたたずむ四島が舞台。結婚報告のため恋人と共に数年ぶりに実家に戻った息子が父や母、弟とともに繰り広げる、悲喜こもごもあふれる愛情が詰まった家族の物語が描かれている。



関連写真

  • 映画『モヒカン故郷に帰る』GW親孝行イベントに出席した千葉雄大 (C)ORICON NewS inc.
  • イベントに出席した千葉雄大 (C)ORICON NewS inc.(左から)もたいまさこと千葉雄大 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス