• ホーム
  • 芸能
  • 小室哲哉、車いすから松葉杖に 3月に右足関節骨折も「6月には歩ける」

小室哲哉、車いすから松葉杖に 3月に右足関節骨折も「6月には歩ける」

 音楽プロデューサーの小室哲哉が28日、『知って、肝炎プロジェクト』肝炎対策大使に任命され、東京・厚生労働省で行われた授与式に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 小室は、先月末に路上でつまずいて足首をひねり、右足関節骨折と診断されて手術を受けており、今月12日のイベントには車いすで登壇していた。この日は松葉杖を使いながら登場し回復ぶりをアピールしたが、トークショー中はイスに腰を掛けており「骨折してしまいまして、イスからすいません。全治3ヶ月で、今は立つことはできる。何もなければ6月には歩けると思う。頑張ります」と語った。

 小室自身も、2012年10月にC型肝炎を発症したことから、この日のイベントに登場した。当時はまだ薬で治せる病気ではなく「半年間、毎週注射を打った。まっすぐ歩けず、けがもする。副作用もつらかった」と闘病生活を告白。小室は同プロジェクトのテーマソングを手がけることになっており、「肝炎検査を促せる楽曲になればいい。少しでもお役に立てればいい」と話した。

 会見に出席した同プロジェクト特別参与の杉良太郎は、小室がサポーターに加わり「期待をしたい」と喜んだ一方、「日本全国に行っていただきたい。小室さん、わかってますね? まず1日でも早く足を治してください」と迫られ、小室はタジタジになっていた。

 そのほか、スペシャルサポーターの石田純一上原多香子も出席した。



関連写真

  • 松葉杖で登壇した小室哲哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 厚生労働省『知って、肝炎プロジェクト』肝炎対策大使授与式に出席した(左から)石田純一、杉良太郎、小室哲哉、上原多香子 (C)ORICON NewS inc.
  • 肝炎対策大使に任命された小室(C)ORICON NewS inc.
  • 松葉杖で登壇した小室哲哉=厚生労働省『知って、肝炎プロジェクト』肝炎対策大使授与式 (C)ORICON NewS inc.
  • 松葉杖で登壇した小室哲哉=厚生労働省『知って、肝炎プロジェクト』肝炎対策大使授与式 (C)ORICON NewS inc.
  • 厚生労働省『知って、肝炎プロジェクト』肝炎対策大使授与式に出席した石田純一 (C)ORICON NewS inc.
  • 厚生労働省『知って、肝炎プロジェクト』肝炎対策大使授与式に出席した上原多香子 (C)ORICON NewS inc.
  • 厚生労働省『知って、肝炎プロジェクト』肝炎対策大使授与式に出席した小室哲哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 厚生労働省『知って、肝炎プロジェクト』肝炎対策大使授与式に出席した(左から)杉良太郎、小室哲哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 厚生労働省『知って、肝炎プロジェクト』肝炎対策大使授与式に出席した(左から)杉良太郎、小室哲哉 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス