• ホーム
  • 芸能
  • 現役看護師の歌手・瀬川あやかが今夏メジャーデビュー 涙の決意表明

現役看護師の歌手・瀬川あやかが今夏メジャーデビュー 涙の決意表明

 現役看護師という異色の経歴を持つシンガー・ソングライターの瀬川あやかが、今年6月にポニーキャニオンよりメジャーデビューを果たすことが27日、わかった。自身24歳の誕生日を迎えた同日、東京・原宿アストロホールで行われたワンマンライブ『〜さよなら兄さん、ここから西へ〜』で発表。瀬川は「ここからが新たなスタート。感謝の気持ちを忘れずに頑張っていくので応援よろしくお願いします」と、涙を拭いながら決意を新たにした。

【写真】その他の写真を見る


 本編ラスト1曲に差し掛かった場面で瀬川は、同じ所属事務所でトリンプのイメージガールを務めるモデル・川辺優紀子(25)からバースデープレゼントで花束を贈られて大喜び。さらに手渡された大きな袋から、ハート型のボードを取り出した瀬川は「メジャーデビューが決まりましたー!」と元気いっぱいにサプライズ報告した。

 ファンから「おめでとう!」と祝福された瀬川は「応援して下さってるスタッフ、友だち、ファンのことを思うと…」と語り出した場面で、思わずタオルを要求。目を潤ませ、声を震わせながら「1人の力でここまで来れたとは思っていません」「今後とも、瀬川あやかを宜しくお願いします!」と力強く語り、深々と頭を下げた。

 北海道富良野市出身の瀬川は、5歳からピアノを始め、幼少時から歌手になる夢を抱きながら、母親の影響で看護師も目指して2011年に上京。大学一年生の時に準ミス首都大に選ばれるキュートなルックスを持ち、2015年2月には国家試験にも合格した才色兼備で、昼は看護師をしながら、夜はアコギとキーボードの弾き語りで年間50本のライブをこなしてきた。

 ライブ中、常に満面の笑みを浮かべ、ファンと楽しく会話する姿が印象的な瀬川。今後も、“現役看護師でシンガー・ソングライター”という肩書き、二足のわらじで活動するといい、本編ラスト曲として披露した新曲「夢日和」(6月15日発売)でメジャーデビューを果たす。



関連写真

  • 6月15日に「夢日和」でメジャーデビューを果たす瀬川あやか
  • 現役看護師という異色の経歴を持つシンガー・ソングライター瀬川あやか
  • 現役看護師という異色の経歴を持つシンガー・ソングライター瀬川あやか

オリコントピックス