• ホーム
  • 映画
  • 米倉涼子、キャプテン・アメリカと初対面に感激 UKプレミアに参戦

米倉涼子、キャプテン・アメリカと初対面に感激 UKプレミアに参戦

 女優の米倉涼子が日本時間27日、英・ウェストフィールド・ロンドンで開催された映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(29日公開)のUKプレミアに出席。これまでにもプレミアに参加してきたが、キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスとは今回が初対面。「3度目の正直でやっとお会いできました。目がとてもキュートな方でした」と感激していた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、マーベルコミックスの人気キャラクターを実写映画化した『キャプテン・アメリカ』のシリーズ第3弾。アイアンマン、キャプテン・アメリカが“友情”によって対立し、アベンジャーズをニ分する“禁断の戦い(シビル・ウォー)”へ発展してしまう様を描く。米倉は、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウ役の日本語吹替を担当している。

 会場は、アイアンマンとキャプテン・アメリカをイメージした赤と青の装飾が施され、米倉も赤と青のスパンコールが施されたマーク ジェイコブスのドレスで登場した。

 今回初めて参加したUKプレミアについて、米倉は「ロンドンのプレミアはLAとはまた違った趣を感じますし、熱狂的なファンが多いですね! カーペットへの参加は3度目なので、だんだん慣れてきたと思います」と貫禄たっぷり。

 新スパイダーマン役のトム・ホランドにも「あなたのキャラクター大好きよ」と積極的に話しかけ、ウィドウの声を担当していることを知ったトムも興奮した様子で「ありがとう! ワオ!! すごいや! 会えてうれしいよ!」と返し、熱い握手を交わしていた。

 スカーレット・ウィッチ役を演じるエリザベス・オルセンとは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のジャパンプレミア以来、約10ヶ月ぶりとなる再会を果たし、その後もジェレミー・レナーや、サミュエル・L・ジャクソンをはじめ、アンソニー・マッキーほか多数のメンバーが次々と米倉に声をかけ、交流を楽しんでいた。



関連写真

  • キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス(左)と初対面した米倉涼子(C)Chiaki Nozu
  • 赤と青のスパンコールが施されたドレスで魅了(C)Chiaki Nozu
  • 映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』UKプレミアに出席した(左から)米倉涼子、トム・ホランド(C)Chiaki Nozu
  • 映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』UKプレミアに出席した(左から)エリザベス・オルセン、米倉涼子(C)Chiaki Nozu

オリコントピックス