• ホーム
  • 芸能
  • 渋谷のコミュニティFMラジオ局「渋谷のラジオ」映像化 Hulu独占配信

渋谷のコミュニティFMラジオ局「渋谷のラジオ」映像化 Hulu独占配信

 クリエイティブディレクター・箭内道彦氏が、ミュージシャンの福山雅治らとともに、今月1日より本放送を開始した東京・渋谷のコミュニティFMラジオ局「渋谷のラジオ」(周波数 87.6MHz)。渋谷駅前に位置したスタジオから地域に密着した情報を発信しているが、ここでの番組を映像化し、動画配信サービス「Hulu」で5月6日より独占配信されることが27日、明らかになった。

 “渋谷”という限られた地域でしか聞くことのできないところが、コミュニティFMラジオ局の魅力でもあり、もどかしいところでもあった。映像化されるのは、箭内氏が渋谷のラジオで唯一、自らレギュラーMCを務める『渋谷のトランジスタスタジオ』(毎週金曜 後9:30〜深0:00)で月1回行うスペシャル企画『風とロックとHulu』。

 箭内氏自らが編集長を務め発行しているフリーペーパー『月刊風とロック』のコンセプトがそのままラジオ番組になり、映像化される。「音楽が好きというより、音楽をやってる人が好き」と語る箭内氏の人柄を慕ってさまざまなアーティストや俳優、文化人らが出演。箭内氏の独自目線でゲストを深掘りし、新たな魅力を引き出していく。番組の最後には箭内氏自らゲストの写真を撮り、デザインした『月刊風とロック』の表紙さながらのスペシャルグラフィックを制作し、発表する。

 5月6日の初回は、4月22日に「渋谷のラジオ」で生放送された『風とロックとHulu』の前編を配信する。若旦那湘南乃風)、モーニング娘。’16譜久村聖生田衣梨奈飯窪春菜)が出演。以降、隔週金曜日に新作を配信していく。後編は5月20日より配信。この映像は、今後、日本テレビのHuluコンテンツ紹介番組で露出することもあり、ラジオ×Hulu×テレビの全く新しいメディアミックスが実現する。

 箭内氏は「“ダイバーシティ、シブヤシティ。”をステーションコピーに、多様性のある未来都市を目指す、世界のSHIBUYAを象徴する番組となっています。毎回、僕に“新しい出会い”を作ってくれるこの番組は、まさにダイバーシティ・トーク。バリエーション豊かなゲストとの熱い語らいの中で、新しい発見や気付きが僕自身にもあって、渋谷の街の見え方もこれからどんどん面白くなっていく予感がします。どんな人と出会えて、どんなシブヤの話ができるのか、どうぞお楽しみに。Huluをご覧の皆さん、これからよろしくお願いします」とコメントを寄せている。



オリコントピックス