• ホーム
  • スポーツ
  • “球界の野良犬”愛甲猛、初舞台でせりふ苦戦「暴露ネタ覚えるほうが楽」

“球界の野良犬”愛甲猛、初舞台でせりふ苦戦「暴露ネタ覚えるほうが楽」

 元プロ野球選手の愛甲猛が27日、都内で行われた舞台『大改訂版!! そして龍馬は殺された』公開げいこ後の会見に出席した。初舞台となる本作で時代劇に挑戦する愛甲は、せりふ覚えに苦労したと明かし、「たまに人のせりふを聞いていると、思わず人のせりふを言ってしまう。暴露ネタを覚えるほうが楽ですね」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は幕末を舞台に、坂本龍馬暗殺までのカウントダウンをコミカルに描いており、愛甲は西郷吉之助役で出演する。共演する泉堅太郎から、舞台初日を“開幕戦”と言い間違えるミスを暴露されると「開幕のものすごい緊張感と、舞台初日の緊張は一緒」と持論と語った。

 この日は役衣装で会見に臨み、泉から「持っている雰囲気がベテラン俳優みたい」と称賛された。しかし、午後6時の初日公演を前に公開げいこもあり、「もうダメ。疲れた」と悲鳴をあげ、今後の舞台挑戦も「いやぁ…。今回終わったら考えます…」と弱気だった。

 会見にはそのほか、熊切あさ美えまおゆう新藤栄作西条美咲浜田翔子が出席。同舞台はきょう27日から5月1日まで東京・俳優座劇場で上演される。



関連写真

  • 舞台『大改訂版 そして龍馬は殺された』公開げいこ後の会見に出席した(左から)西条美咲、新藤栄作、愛甲猛、泉堅太郎、熊切あさ美、えまおゆう、浜田翔子 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『大改訂版 そして龍馬は殺された』公開げいこ後の会見に出席した(左から)泉堅太郎、熊切あさ美 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス