• ホーム
  • 芸能
  • 『サンデー』若手作家の新連載スタート 4号連続で

『サンデー』若手作家の新連載スタート 4号連続で

 少年コミック誌『週刊少年サンデー』(小学館)では、きょう27日発売の22・23合併号より4号連続で若手作家の新連載を開始する。同企画のオリジナルPVも公開された。第1弾としてきょうからスタートしたのは、二階堂ヒカル氏による『あおざくら』がスタート。4作の詳細は下記の通り。

【写真】その他の写真を見る


■第1弾 二階堂ヒカル『あおざくら』(22・23 合併号より)
幹部自衛官を養成する期間・防衛大学校を舞台に、若き防人のヒナ達が魂を燃やす、疾風怒濤(しっぷうどとう)の青春物語。

■第2弾 熊之股鍵次『魔王城でおやすみ』(24号より)
かつて、人と魔が存在していた時代。魔王は人間の姫をさらい、自らの白に幽閉した。人々は怒り、勇者は姫を救うために旅立つ。そんな中、檻の中で姫は想う…『寝る以外、することがない!』魔王城に囚われた姫が安眠を求める新感覚ショートコメディー。

■第3弾 オダトモヒト『古見さんはコミュ症です。』(25号より)
話したい。でも、話せない。沈黙の美少女・古見さんの高校生活を描く。読み切りでも登場した古見さんが、新連載でも全然しゃべらない。コミ症・古見さんの表情に注目のヒロインコメディー。

■第4弾 兎中信志『鬼ヲ辿リテ幾星霜』(26号より)
むかし、最強最悪の妖怪を倒すために“転生の術”を使った道師がいた…。時は明治、舞台は横浜。不敵な笑みを湛える少年はひとりの少女と出会い、物語は動き出す。

▼オリジナルPV
https://www.youtube.com/watch?v=IqtfQmDV8Xk



関連写真

  • 二階堂ヒカル氏による新連載『あおざくら』=小学館提供
  • 熊之股鍵次氏による新連載『魔王城でおやすみ』(24号より)=小学館提供
  • オダトモヒト氏による新連載『古見さんはコミュ症です。』(25号より)=小学館提供
  • 兎中信志氏による新連載『鬼ヲ辿リテ幾星霜』(26号より)=小学館提供
タグ

オリコントピックス