• ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ∞、『ジャニ勉』10年目突入に感慨 横山「20年続けられるように」

関ジャニ∞、『ジャニ勉』10年目突入に感慨 横山「20年続けられるように」

 2007年5月2日に関西テレビでスタートした、人気アイドルグループ・関ジャニ∞の番組『ジャニ勉』(毎週水曜 深夜0:25※関西ローカル)が、27日深夜の放送で450回を数え、来月、10年目に突入する。これを記念して27日の放送前に、『気付けば、ついに、10年目に突入しちゃいます』会見が大阪・同局本社にて行われた。横山裕は「10年ってすごい長いと思いますね。これに満足せず、これを通過点として20年続けられるように皆さんに愛してもらえるような番組を続けていきたい」と気持ちを新たにした。

【写真】その他の写真を見る


 昨年夏にスタートしたコーナー「2/∞」(エイトブンノニ)ではメンバーがペアになり街ぶらロケへ。今後ペアになりたい人と行きたい場所を聞かれた渋谷すばるは「マル(丸山隆平)と京都、かな」と指名。村上信五が「あんまり詳しくないで」とチャチャを入れると「そう、その辺も含めて。ほんとに詳しいのかどうか、検証ロケに行きたい」とニヤリ。

 その丸山は「僕は横山くんと。∞で昔、松竹座に通ってた道を歩いてみたり、僕らにゆかりのあるところに行って、最後は淀川の夕日が沈むのを見たいですね」と提案。横山から「デートやんけ!!」と突っ込まれるが「お互いこれから頑張っていくためにスーツも新調したいですね」とマイペース。

 今後、1年で番組でしたいことを聞かれ、錦戸亮は7月30日から地方7都市ツアーを敢行することにちなみ「僕たち、以前、47都道府県ツアーをやったときに、沖縄に行って、ジャニ勉沖縄スペシャルをやったんですね。今回も沖縄行くんで、長めに沖縄にステイできるように、ジャニ勉ロケを組んでほしい」とおねだり。大倉忠義は「全員でスタジオで日曜大工みたいなやつやってみたいです。10年やって過去最低の視聴率やった伝説の回で『クラフト』をやったんで」と苦い思い出も飛び出した。

 現在も月に1度、大阪で同番組の収録に臨んでいるが、安田章大は「この番組の好きなところは、自分自身も大変な思いもしますがムチャブリをしてくれるところ。ここで勉強させてもらってるなーって感じます。『∞の長寿番組にしたい!』と思ってます」と“ジャニ勉愛”を告白。村上は「ロケに関してもスタジオに関しても1から学ばせてもらった場所。今はジャニーズWESTも出てくれて教えられる立場にもなりました。新たな可能性を、これからも見つけていきたいですね」と10周年のその先を見据えていた。



関連写真

  • 『関ジャニ∞のジャニ勉』が10年目に突入(C)関西テレビ
  • 『関ジャニ∞のジャニ勉』が10年目に突入(C)関西テレビ
  • 『関ジャニ∞のジャニ勉』が10年目に突入(C)関西テレビ

オリコントピックス