• ホーム
  • 芸能
  • 前田健さんへ感謝の言葉続々「たくさんの優しい言葉を…」

前田健さんへ感謝の言葉続々「たくさんの優しい言葉を…」

 26日午前1時36分に虚血性心不全のため44歳の若さで亡くなったお笑い芸人の前田健さんの訃報を受け、芸人仲間をはじめ多くの芸能人がブログを通じて追悼。その言葉の中には前田さんのあたたかい人柄や感謝の言葉が多くつづられている。

 「20年以上もずっと一緒に芸人の道を歩んできた親友」と紹介した、芸人のはなわは「僕の『悩み』『喜び』『夢』すべてを一番に相談し共有してきた家族のような存在でした」と数々の思い出を回顧。「僕の嫁ともすごく仲良くしてくれて、僕が家に帰れないほど忙しくなった時、いつも家に来てくれて僕の代わりに子守りや買い物を手伝ってくれました」「子供達の柔道をものすごく応援してくれていました」と感謝し「これからあなたに言われた事を思い出し、叱られない人生を歩んで行きますね」と前を向いた。

 「戦友」とした、物まね芸人の原口あきまさは「皆んなで『何とか、売れなきゃ!』と、ガムシャラになった時期」「そして、注目を浴びる様になった時期」「苦しい時、一緒になって後輩芸人達を引っ張ってきてくれた時期」「結婚式のブーケトスで、飛んでくるブーケを誰よりも狙って笑わせてくれた時期」と振り返り「ちょっと 早すぎるって…」と悲痛な思いを吐露。それでも「感謝∞!!」の言葉とともにライブ写真を添え「皆んなで がんばろう!!」と結んだ。

 また、所属事務所の後輩で、サッカーの本田圭佑選手の物まね芸人・じゅんいちダビッドソンは「僕がデビューした2004年CDのプロモーションビデオに出演してくれました。今でもあの頃を昨日の様に思い出します」とつづり「芸能界の右も左もわからない僕にいつも優しい言葉をかけてくれました。残念で寂しいです」と追悼。

 同じく事務所後輩のスザンヌは「わたしたち事務所の女の子たちのお姉さん的存在だったまえけんさん。結婚、出産、離婚など人生の節目節目で気にかけてくれてたくさんの優しい言葉をくれました」と、その人柄に触れ「まえけんさんと愛犬ジダンと、息子とみんなで遊びたかったです。まだまだ受け入れるのは時間がかかってしまいそうだけど、またいつか会えたときあら? あんたなにそれ? と叱りながら笑ってほしいな〜」とつづっている。

 そのほかにも、前田さん同様に松浦亜弥の物まねでブレイクしたはるな愛、家族ぐるみで仲良くしていたという鈴木福、前田さん“好みのタイプ”というサンドウィッチマンの伊達みきおらもブログで思いを伝え、前田さんが物まねレパートリーとしていた歌手の松浦亜弥はきのう26日、所属事務所を通じて「マエケンさん、『あやや』の思い出をありがとうございます」と追悼コメントを寄せている。



オリコントピックス