• ホーム
  • 芸能
  • 『コナン』ヒット記念 原作者・青山氏が映画資料を特別公開

『コナン』ヒット記念 原作者・青山氏が映画資料を特別公開

 人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版20作目『名探偵コナン 純黒の悪夢<ナイトメア>』の大ヒットを記念し、原作コミックを連載する『少年サンデー』(小学館)の22・23合併号(27日発売)において、2つの特別企画が実施されることが26日、わかった。

 1つ目は、原作者の青山剛昌氏が劇場版最新作のために描いた、クライマックスシーンを含む重要シーンの原画や絵コンテを一冊にまとめたブックインブック『黒の書』。青山氏は劇場版の第1作から今回の第20作までプロットの段階から参加し、劇場版スタッフの中心となってトリックやストーリーのアイデアを出し、脚本から絵コンテ、原画など劇場版にまつわるすべてのフェーズにおいて情熱を持って関わってきた。今回20周年の節目となる本作にて、ファンへの“恩返し”の気持ちを込めて、初めてこれらの資料を特別に公開する。

 2つ目は、スマホゲーム『パズル&ドラゴンズ』で開催中の「サンデーコラボ」において、ヒロインの毛利蘭のプレゼント。(Andoroid限定)。昨年の大好評だったコラボに続き、25日から始まった第2弾では、『コナン』のほか『今日から俺は!』も参加し、既存作品の新キャラも登場。なお毛利蘭はコラボ期間中(5月8日午後11時59分まで)ゲーム内の「モンスター購入」からも入手することができる(iOS・Andoroid対応)。

 16日に公開された『名探偵コナン 純黒の悪夢<ナイトメア>』は、『全国映画動員ランキングトップ10』(興行通信社調べ)で初週、2週目と連続で1位を獲得する大ヒットを記録している。



関連写真

  • 「週刊少年サンデー22・23合併号」に封入される、とじ込みブックインブック『黒の書』
  • 「週刊少年サンデー22・23合併号」でプレゼントされる毛利蘭

オリコントピックス