• ホーム
  • 芸能
  • スザンヌ「残念で悲しくて悔しい」 前田健さんとの思い出つづる

スザンヌ「残念で悲しくて悔しい」 前田健さんとの思い出つづる

 タレントのスザンヌ(29)が26日、自身のブログを更新。同日午前1時36分に44歳の若さで亡くなった事務所の先輩、前田健さんに感謝の言葉を伝えた。

 「芸能界に入るきっかけとなった番組でMCをされていたのがまえけんさん」とつづったスザンヌは「その出逢いから東京に行ってからも芸能界のこと右も左も知らないわたしに、なにからなにまで教えてくださって、たまに叱ってくれたのもまえけんさんでした」と思い出を回顧。「わたしたち事務所の女の子たちのお姉さん的存在だったまえけんさん。結婚、出産、離婚など人生の節目節目で気にかけてくれてたくさんの優しい言葉をくれました」と感謝した。

 熊本地震の際には「電話くださって、大丈夫? 大丈夫じゃないわよね? 家族は? 息子は? 無事でよかったと心配してくださいました」と明かし「それから10日も経っていないのにこんなことになってしまうなんて」と、つらい胸中を吐露。

 「落ち着いたら呑みに行きましょうねって約束したのに。。ほんとに残念で悲しくて悔しくてなりません。もっともっといろんなこと話したかったです」と続け「たくさん叱ってほしかったです。まえけんさんと愛犬ジダンと、息子とみんなで遊びたかったです。まだまだ受け入れるのは時間がかかってしまいそうだけど、またいつか会えたときあら? あんたなにそれ? と叱りながら笑ってほしいな〜」とブログを結んだ。



オリコントピックス