• ホーム
  • 音楽
  • Sexy Zoneコンサート “試練”を超えた5人の強み

Sexy Zoneコンサート “試練”を超えた5人の強み

 現在、全国ツアー『Sexy Zone Welcome to Sexy Zone Tour』を展開中、24日(日)には東京公演を開催した人気グループ・Sexy Zone。魅力的なアイドルグループには、その背後に、必ずといっていいほどドラマティックなストーリーがあるものだ。目の前の“試練”を全力で乗り越えていく姿に、ファンは胸をときめかす。

 現存するアイドルグループの中でも、こと“ドラマ性”という点においてSexy Zoneは突出している。佐藤勝利中島健人菊池風磨の3人で新曲を発表し、松島 聡、マリウス葉は、別ユニットで活動したこともある。歌番組に5人で出演しても、松島とマリウスの年下組は3人とは違う衣装、なんてこともあった。でも、そんな試練の数々も、5人が成長するために必要な過程だったのだ。4月24日、代々木第一体育館で開催されたライブを観て、そう確信した。

 おそらく今回のツアーが、彼らにとって初めて“完全体”と呼べるものだったのではないか。ソロやユニット曲、ジャニーズJr.の曲を除く27曲を、振付も完璧にすべて“5人で”歌った。5人が5人とも美声で、しかもちゃんと個性もあって、ダンスも自分なりの見せ方を心得ていることにまず驚かされる。

 松島とマリウスは煽りを担当することも多く、投げキッス一つにも自分らしさを出そうとしていた。不動のセンター・佐藤の19歳とは思えない威風堂々とした佇まい。その傍らには、色気の塊・中島とさわやかな不良性でステージに旋風を起こす菊池がいて、瑞々しさに溢れる成長株の松島とマリウスが、若いエネルギーを爆発させる。

 メンバー同士、根っこのところではガッツリと信頼し合っているのに、パフォーマンスになると「負けねーぞ!」な緊張感がほとばしり、一曲一曲が真剣勝負の場になっていて、ワクワクする。

 メンバー全員が「俺を見ろ!」と言わんばかりに前に出て行けるグループは強い。幾多の試練を乗り越え、5人は、たしかなスキルと、強いハートと、メンバーへの確固たる信頼を手に入れたはずだ。
(文/菊地陽子)



オリコントピックス