• ホーム
  • 芸能
  • 前田健さん訃報に追悼続々 芸人、俳優、振付師、映画監督などマルチに活躍

前田健さん訃報に追悼続々 芸人、俳優、振付師、映画監督などマルチに活躍

 歌手・松浦亜弥の物まねで広く知られ、芸人だけでなく、俳優、振付師や映画監督などマルチに活動していた前田健さんの突然の訃報に、各界から追悼コメントが寄せられている。

 芸人仲間で同じ所属事務所の原口あきまさはツイッターで「26日 午前 1時36分。芸人・前田健が、力尽きてしまった…。44歳…。オイっ! 早すぎるって…。無茶しちゃってたのかなぁ…。ゆっくりお休み下さい」と悼み、宮迫博之は「またフルテンションのあやや見たかった。そう言えば番組でキスした事あったよな??。いつか俺もそっち行くからまたキスしようぜ??そん時は嫌がれへんから。ゆっくり休んでや」とメッセージ。

 TBSのドラマ『警視庁南平班〜7人の刑事〜』などに出演し俳優としても活躍した前田さん。共演した伊藤かずえはブログで「私の相棒、富井刑事役の前田健さんが今朝、亡くなりました。突然の事で、驚いています」とつづり「次回撮影の時もまた宜しくお願いします!と、先日LINEでやりとりしていたばかりなのに..残念です」と胸中を明かした。

 2009年の映画『20世紀少年 第2章 最後の希望』で共演し、前田さんが監督を務めた映画に出演した佐藤二朗はツイッターで「まだ言葉にならないが、これだけはその才を知る者として言葉にして言う。アイツは『お笑い芸人の』や『モノマネ芸人の』ではない。『芸人であり俳優の』だ。『20世紀少年』を見よ。『今日からヒットマン』を見よ。アイツがいかに俳優に本気だったか、分かるはずだ」と、俳優としての前田さんの一面を伝えた。

 また、前田さんは2009年から放送されたテレビアニメ『フレッシュプリキュア!』で主人公の桃園ラブらが通うドーナツ屋の店主・カオルちゃん役を演じ、『フレッシュプリキュア!』から『スマイルプリキュア!』までにわたり、エンディングテーマ曲のダンスの振り付けを担当。

 この日、『フレッシュプリキュア!』で、共演した沖佳苗(桃園ラブ/キュアピーチ)は「朝から悲しいニュース…マエケンさん、早すぎます…」と別れを惜しみ、小松由佳(東せつな/キュアパッション)は「楽しい宴会で軽口を叩きあったばかりなのに」と前田さんとの思い出を回顧。『Go!プリンセスプリキュア』に出演の嶋村侑(春野はるか/キュアフローラ)も「本当に残念、はやすぎるよ。心から前田健さんのご冥福をお祈り致します」と追悼した。

 そのほか、4年前に南野陽子西村知美とともに『Bloomig Girls』のユニットで振り付けを教わったという森口博子はツイッターで「突然の訃報、信じられません。前田健さんがお亡くなりになられました。一人一人の観察力、素晴らしいかったです」と前田さんの仕事に対する姿勢に触れ「心から御冥福をお祈り致します」と結んでいる。

 前田さんは24日午後7時過ぎ、東京都新宿区新宿3丁目の路上で突如嘔吐(おうと)して倒れ、心肺停止状態で病院に搬送。治療を続けていたが、26日午前1時36分に44歳の若さで亡くなった。



オリコントピックス