• ホーム
  • 音楽
  • “美少女ヒッチハイカー”Iris、被災地思いデビュー曲熱唱

“美少女ヒッチハイカー”Iris、被災地思いデビュー曲熱唱

 日本テレビ系バラエティー『なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付』(3月で終了)で、日本縦断ヒッチハイクの旅を続け、話題となったマレーシア出身の歌手・Iris(アイリス)が26日、東京・新宿ステーションスクエアで熊本地震のチャリティーイベントを開催した。

【写真】その他の写真を見る


 27日にデビューシングル「I love me」をリリースするIrisは、熊本で発生した地震を受け、この日のデビュー記念イベントを急きょチャリティーイベントに変更。ヒッチハイクの旅で出会った九州の人たちに「今度は自分が役に立つ番」とステージで決意を述べ、復興へ尽力することを宣言した。

 会場に集まった約500人の観客に「皆さんの優しい気持ちを少しでいいのでください」と義援金の募金を切に呼びかけたIrisは、デビューシングルと、坂本九さんの代表曲「上を向いて歩こう」の2曲を熱唱。最後は被災地の人々へ思いをつづった手紙を瞳をうるませながら読み上げると、温かい拍手が沸き起こっていた。



関連写真

  • 熊本応援チャリティーイベントを行ったIris (C)ORICON NewS inc.
  • デビュー曲を熱唱(C)ORICON NewS inc.
  • 『熊本地震チャリティーイベント』を行ったIris(C)ORICON NewS inc.
  • 『熊本地震チャリティーイベント』を行ったIris(C)ORICON NewS inc.
  • 『熊本地震チャリティーイベント』を行ったIris(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス