• ホーム
  • 映画
  • ハリポタ新シリーズ おしゃれな衣装にラドクリフも嫉妬?

ハリポタ新シリーズ おしゃれな衣装にラドクリフも嫉妬?

 大ヒット映画シリーズ「ハリー・ポッター」の5年ぶりの新作にして、原作者J.K.ローリング氏が描く新たな魔法の物語『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)の新たな場面写真が到着した。

 今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校を、ある理由で退学になってしまった魔法使いニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。魔法動物を求めて世界を旅しているニュートが辿り着いたニューヨークを舞台に、逃がしてしまった魔法動物の追跡をめぐって、予期せぬ大冒険がはじまっていく。

 「ハリー・ポッター」シリーズで主人公を演じたダニエル・ラドクリフが、イギリスの週刊音楽雑誌『NewMusicalExpress』のインタビューで「僕は10年間ジーンズとジップ付きのジャケットだったのに、彼はもうあんなにすてきなコートを着ているんだ」と嫉妬心を明かしたように、公開された場面写真でもおしゃれな衣装に身を包んだレッドメインの姿が確認できる。

 そして、本作の舞台となるニューヨークの街を魔法のトランクを持ったニュートとキャサリン・ウォーターストン演じる若き魔法使いティナが、何かを見つけたかのような一幕。どのようなシーンなのかは明かされてはいないが、ティナがニュートの腕を握る姿や、2人の表情からはただ事ではない様子が伝わる。

 なお、28日には、東京・新宿ピカデリー限定で行われる同作の公開決定セレブレーション・イベントが開催される。



タグ

オリコントピックス