• ホーム
  • 芸能
  • 『ジャンプ』漫画家7名が好きな「うすた作品」選出 描き下ろしイラストも寄稿

『ジャンプ』漫画家7名が好きな「うすた作品」選出 描き下ろしイラストも寄稿

 ギャグ漫画『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』などで知られる漫画家・うすた京介氏の連載漫画『フードファイタータベル』(アプリ「少年ジャンプ+」に掲載)のコミックス2巻が、5月2日に発売される。この発売と、うすた氏の画業20周年突破を記念し、「少年ジャンプ+」にて、きょう26日から5月2日まで、『少年ジャンプ』の漫画家7人による描き下ろしイラストとメッセージが毎日無料で配信される。

 「コミックス発売カウントダウン」企画に参加するのは、『僕のヒーローアカデミア』の堀越耕平氏(26日)、『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』の仲間りょう氏(27日)、『銀魂―ぎんだま―』の空知英秋氏(28日)、『トリコ』の島袋光年氏(29日)、『いぬまるだし』の大石浩二氏(30日)、『家庭教師ヒットマンREBORN!』の天野明氏(5月1日)、『斉木楠雄のΨ難』の麻生周一氏(2日)の7名。

 それぞれがうすた氏の作品の好きなエピソードを選び、20周年をお祝いしたイラスト&メッセージを寄せる。また、選ばれたエピソードも毎日無料で配信される。配信は5月末まで。

 「少年ジャンプ+」は30作以上のオリジナル無料漫画を掲載し、『週刊少年ジャンプ』や「ジャンプコミックス」の電子版が購読できるアプリ。iOS版とAndoroid版のほか、PCで使用できるWindowsアプリもある。



関連写真

  • 堀越耕平先生お祝いイラスト&メッセージ(C)堀越耕平/集英社
  • 『フードファイタータベル』2巻_表紙(C)うすた京介/集英社

オリコントピックス