• ホーム
  • 音楽
  • スタレビ、熊本地震復興支援ライブ発表 東名阪3公演「思いを向けることが大切」

スタレビ、熊本地震復興支援ライブ発表 東名阪3公演「思いを向けることが大切」

 デビュー35周年ツアー中のスタ−ダスト☆レビューが、23・24日の両日、東京・中野サンプラザ公演を行い、熊本地震復興支援チャリティーライブ『No Ballads 120分』を開催することを発表した。同バンドは、4月14日に発生した熊本地震の影響で、16日に予定していた熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール公演を延期していた。

 ボーカル&ギターの根本要は「できることとできないことがあるけれど、思いを向けることが大切だと思い、チャリティーライブを行いたいと思います」と熊本復興支援ライブの開催を発表。8月22日に大阪・Zepp Namba、同23日に愛知・Zepp Nagoya、9月30日に東京・豊洲PIT公演を行い、3公演の収益金およびツアーのライブ会場で募っている義援金をあわせ、後日被災地に届けに行く。

 なお、今回行われた東京公演のチケットは2公演ともソールドアウト。本ツアーでは、おなじみの会場リクエストのほか、演奏曲の半分以上を公演ごとに変えるという試みも行っている。来年4月まで70公演以上を予定しているが最終日は決めず、「スタ☆レビを観たい人、呼んでくれる町があれば、どんどん追加していく」としている。

■熊本地震復興支援チャリティーライブ『No Ballads 120分』
8月22日(月):大阪・Zepp Namba
8月23日(火):愛知・Zepp Nagoya
9月30日(金):東京・豊洲PIT



関連写真

  • 東京・中野サンプラザ2days公演で熊本地震復興支援チャリティーライブを発表したスタ−ダスト☆レビュー
  • 大盛況だった東京・中野サンプラザ2days

オリコントピックス