• ホーム
  • 芸能
  • 宮澤佐江、アフレコ初挑戦も高評価に大喜び「20回は練習した」

宮澤佐江、アフレコ初挑戦も高評価に大喜び「20回は練習した」

 元SKE48・SNH48の宮澤佐江が25日、Netflix『フラーハウス』アフレコイベントに参加した。同作のファン代表ゲストとして登場した宮澤は、吹き替え声優の坂本千夏伊藤美紀とともにアフレコに初挑戦。坂本から「80点」、伊藤から「93点」と高評価を受けると、「うそ!超うれしい!」と笑顔をはじけさせた。

【写真】その他の写真を見る


 1987年から95年にかけて8シーズン、全192話放映された米国の人気ファミリードラマ『フルハウス』の続編となる今回。20年前にも吹き替え声優を務め、今回も続投となった坂本と伊藤が生セリフを披露すると、宮澤は「“すごい”以上の言葉は世の中に必要だってくらいすごい!」とはやくも大興奮。

 その後、坂本演じるD.J.と伊藤演じるキミーを本人の目の前で吹き替えすることとなり「10年やってきたアイドル人生の名にかけて頑張ります!」と意気込み。坂本から「だいぶ若くてきれいな感じ」と褒められ、伊藤からも「ぐっと2回で実力があがった」と絶賛された宮澤だったが、「軽く20回は練習した。文字を暗記していないと難しい」と感想を語った。

 「素人の私がご本人様の前でセリフを披露するのは緊張した」と四苦八苦した宮澤だったが、「思い切りやれたことが評価につながったのかな。楽しい時間に変わりました! すてきな経験だった」と満足げに明かしていた。



関連写真

  • アフレコの高評価に笑顔をはじけさせた宮澤佐江 (C)ORICON NewS inc.
  • アフレコに臨む宮澤佐江(中央) (C)ORICON NewS inc.
  • Netflix『フラーハウス』アフレコイベントに参加した伊藤美紀 (C)ORICON NewS inc.
  • Netflix『フラーハウス』アフレコイベントに参加した坂本千夏 (C)ORICON NewS inc.
  • Netflix『フラーハウス』アフレコイベントに参加した(左から)坂本千夏、宮澤佐江、伊藤美紀 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス