• ホーム
  • 芸能
  • 福士蒼汰主演『お迎えデス。』初回は10.3%

福士蒼汰主演『お迎えデス。』初回は10.3%

 俳優・福士蒼汰が主演する日本テレビ系連続ドラマ『お迎えデス。』(毎週土曜 後9:00)が23日スタートし、初回視聴率が10.3%だったことが25日、明らかになった。第1話は熊本地震の影響で1週間放送が延期された。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

 同ドラマは田中メカ原作の少女漫画を実写化。偏屈な理系男子・円(福士)が猪突猛進系女子のヒロイン・幸(土屋太鳳)とともに、この世に未練を残した幽霊を成仏させる不思議なアルバイトを通して心を通わせていくハートフル・コメディー。

 円はひょんなことから死神・ナベシマ(鈴木亮平)の手伝いをさせられることとなる。成仏させるターゲットは初老の男・陽造(伊東四朗)。結婚を反対していた娘・玲子(菅野美穂)のことが心配で死んでも死に切れないという陽造のため、円たちは玲子に会いに行くことに…というストーリーだった。



オリコントピックス