• ホーム
  • 音楽
  • Zepp福岡、熊本支援で閉館1日延期 奥田民生ら“いのこり”ライブ&樽募金も

Zepp福岡、熊本支援で閉館1日延期 奥田民生ら“いのこり”ライブ&樽募金も

 5月8日に閉館する福岡のライブハウス・Zepp Fukuokaが、熊本地震の被災者支援ライブのため、9日まで営業を延長することが明らかになった。奥田民生が発起人となり、ソニー・ミュージックアーティスツ所属のアーティストがライブを開催。会場では「樽(たる)募金」も実施し、ライブの収益金とあわせて被災地に全額寄付する。

 奥田らは当初、Zepp Fukuokaの営業最終日の5月8日にライブイベント『Zepp福岡ByeByeバイ』を行う予定だったが、翌日も“いのこり”することに。同イベント出演者による『いのこり股旅〜Zepp Fukuoka LAST 3DAYS+1DAY EXTRA〜』公演開催を急きょ決定した。

 会場では、かつてプロ野球・広島カープが経営危機に陥った際、広島市民が酒樽で寄付を集めたことに由来する“樽募金”を実施。広島出身の奥田は2014年に行った『いきあたり股旅』公演でも樽募金を実施し、「広島市8・20豪雨災害義援金」に全額寄付した経緯がある。

 出演者は奥田、PUFFY真心ブラザーズSPARKS GO GOフジファブリックOKAMOTO’S山口隆サンボマスター)、土岐麻子斎藤有太、上中丈弥(THEイナズマ戦隊)、依布サラサ。入場料は5400円(税込)。

 この募金で集まった義援金およびライブの収益は、熊本地震に関わる「しかるべきところ」に全額寄付される。チケット一般発売は5月3日からスタート。



オリコントピックス