• ホーム
  • 映画
  • 『バイオハザード』最終章 12・23に世界最速上映へ

『バイオハザード』最終章 12・23に世界最速上映へ

 日本発の人気ゲームを映画化した『バイオハザード』シリーズの第6弾にして最後の作品『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』が、12月23日に日本で世界最速公開されることがわかった。

 ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるヒロイン・アリスと世界をアンデッド化した元凶アンブレラ社との戦いを描き、世界中で大ヒットしている人気シリーズ。アンブレラ社との最終決戦を描く最新作では、モデルのローラがハリウッドデビューを果たすことでも話題を集めている。

 ローラが演じるのは、アメリカのラクーンシティで発生した、人々をアンデッド化するT-ウィルス流出事件を生き延び、その開発元である巨大企業アンブレラ社とアンデッドたちの大群を相手に、アリスと共に最後の戦いを挑む女戦士・コバルト。

 そのほか、『バイオハザードIII』『バイオハザードIV:アフターライフ』でクレア・レッドフィールド役を演じ人気を博したアリ・ラーターが、最終章の本作にも出演をしている。



タグ

オリコントピックス