• ホーム
  • 映画
  • 【沖縄国際映画祭】森川葵、スマホ相手に演技「難しい」

【沖縄国際映画祭】森川葵、スマホ相手に演技「難しい」

 女優の森川葵が24日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭』で上映された『A.I. love you』の舞台あいさつに出席した。A.I.(人工知能)から恋愛指南を受ける主人公を演じた森川は、スマートフォンに話しかける演技が多かった撮影を振り返り「人間じゃないものとやり取りするのはこれで2回目。1回経験があったけれど、人間という相手がいないのはやっぱり難しかった」と苦労をにじませた。

 全編スマホで撮影を敢行した宮木正悟監督は、森川の演技について「僕らは(撮影用の)スマホを置いて(森川に)演技してもらうだけ。それであのお芝居ですからね」と絶賛。森川は「A.I.もスマホなので、本当に役と近い関係でお芝居できました」と満足げだった。

 同作は、夢を追う主人公の女の子がエリートイケメンシェフとA.I.(人工知能)と前代未聞の三角関係(?)を繰り広げる物語。イケメンシェフ役を上杉柊平、A.Iの声を斎藤工が務めている。



関連写真

  • 『A.I. love you』の舞台あいさつに出席した森川葵 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)森川葵、宮木正悟監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス