• ホーム
  • 映画
  • 永野芽郁、30センチ髪バッサリ 実写『ピーチガール』小悪魔・沙絵役

永野芽郁、30センチ髪バッサリ 実写『ピーチガール』小悪魔・沙絵役

 女優の永野芽郁が、人気漫画を実写化した映画『ピーチガール』(2017年公開)に出演することが24日、わかった。山本美月演じるヒロイン・ももの宿敵となる小悪魔・沙絵役を演じる永野は、5歳からずっとロングヘアにしていた髪を30センチ切って役作りし、「想像以上に沙絵っぽくなってホッとしました。今までの私とは違う私になれるよう、そして映画を観た人に『最低最悪のヤツ』と思われるよう、頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

 同作は、上田美和氏の人気漫画を山本とHey! Say! JUMP伊野尾慧のW主演で実写化。元水泳部のもも(山本)は、日焼けした肌と赤い髪という外見のせいでいつも周囲から「遊んでる」などと誤解されてしまうが、実は誰よりも純粋な女子高生。とーじという中学時代からずっと想い続けている人がいたが、思いを伝えられず。そんな一途なももに、学校一のモテ男・カイリ(伊野尾)が興味を持つ。

 現在16歳の永野は、映画『俺物語!!』でヒロイン役に抜てきされ、続いて人気女優の登竜門と言われる『第94回全国高等学校サッカー選手権大会』の11代目応援マネージャー、『カルピスウォーター』の13代目CMキャラクターの座を射止めるなど、活躍が期待されている。

 今回演じる沙絵は、小柄できゃしゃで色白で男ウケも抜群だが、実はもものお気に入りを何でも欲しがり、手に入れるためには手段を選ばない、見た目は天使で中身は悪魔の強烈キャラクター。ももがとーじを好きと知るや、横取りすべく巧みな作戦で次々とももをわなにかけていく。

 神徳幸治監督は、沙絵役のキャスティングに難航したことを明かし「永野さんに決定し、顔合わせで『髪切ります!』とまっすぐな目で言ったあの瞬間から、彼女が沙絵役を演じる運命だったんだと確信しました」と期待し、原作者の上田氏は「こんなに清楚でかわいらしい方に沙絵役を演じてもらっていいのでしょうか。申し訳ない反面、楽しみな気持ちでいっぱいです。机の前から応援してます」とコメントを寄せている。



関連写真

  • 30センチ髪をバッサリ切った永野芽郁
  • 永野芽郁が演じる沙絵 (C)上田美和/講談社

オリコントピックス