• ホーム
  • 映画
  • 【沖縄国際映画祭】大杉漣、サッカー愛熱弁「いろんなことを教わっている」

【沖縄国際映画祭】大杉漣、サッカー愛熱弁「いろんなことを教わっている」

 俳優の大杉漣(64)が23日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭』で、映画『U-31』(今夏公開、谷健二監督)の舞台あいさつに出席。サッカー好きとして知られる大杉は、サッカー映画と聞いただけですぐに同作への出演を決めたことを明かし、「それくらい大好き」と笑顔で語った。

 撮影中にはスーツ姿の衣装のままサッカーをしてスタッフに怒られたと振り返り「ボールを見ると蹴る習性がある」と苦笑。現在は「鰯クラブ」という自身がつくったチームでプレーをしており、「サッカーを通じて何かを感じて、いろんなことを教わっている」と熱弁。「僕は10番を背負っていまして、昔は『不動の10番は漣さんしかいない』って言われていたんですけれど、今は全然動けない意味の不動だって言われています」とオチをつけて笑わせた。

 同作は、原作を綱本将也氏、作画を吉原基貴氏が手掛けた漫画を実写化。全盛期を過ぎ、人生の岐路に立たされたサッカー選手を主人公に、戦い続けることの本当の意味を問う青春映画。

 サッカー未経験ながら、主人公を演じた馬場良馬(31)は「僕も今年32歳になる。役者としても30歳がターニングポイントになる時期なので、これから這い上がっていかないといけないっていうところが自分とリンクした」と語っていた。



関連写真

  • サッカー愛を熱弁した大杉漣 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『U-31』の舞台あいさつに出席した(左から)谷健二監督、馬場良馬、大杉漣 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス