• ホーム
  • 音楽
  • 月9ヒロイン藤原さくら、6・8主題歌「soup」 福山雅治が楽曲提供

月9ヒロイン藤原さくら、6・8主題歌「soup」 福山雅治が楽曲提供

 フジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』でヒロインを演じるシンガー・ソングライターの藤原さくら(20)が、主題歌「soup」を6月8日に発売することがわかった。同ドラマで主演を務め、主題歌の作詞作曲を手がけた福山雅治(47)が23日、自身のレギュラーラジオ番組『福山雅治 福のラジオ』(毎週土曜 後2:00 TOKYO FM系)で発表した。

 昨年3月にメジャーデビューした藤原は、ミニアルバム1枚、フルアルバム1枚を発表しているが、シングルをリリースするのは初。表題曲のほか、ドラマの第1話で藤原が歌った「500マイル」など数曲が収録される予定。

 同ドラマは、元プロミュージシャンの神代広平(福山)が、天性の歌声を持ちながらも吃音に悩む佐野さくら(藤原)と出会い、音楽を通して心を通わせ、失いかけた人生を取り戻すストーリー。藤原は演技初挑戦ながらも独特な存在感を発揮している。

 ラジオ番組で藤原のシングル発売日を発表した福山は「佐野さくらの成長物語であり、藤原さくらの成長物語という側面もある」といい、レコーディングに立ち会ったほか、アコースティックギターの演奏を担当したことなども明かした。



オリコントピックス