• ホーム
  • 映画
  • 【沖縄国際映画祭】葵わかな、ホラー映画初主演「新鮮な体験ができた」

【沖縄国際映画祭】葵わかな、ホラー映画初主演「新鮮な体験ができた」

 女優の葵わかなNMB48矢倉楓子が22日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭』で、映画『ホラーの天使』の舞台あいさつに出席。同作が初のホラー映画となった葵は「叫ぶシーンとか、新鮮な体験ができた」と満足げに語った。

 長く叫ぶシーンでは「息継ぎのタイミングが読めない。なかなか監督が止めてくれなかった」と苦労もあったが、「展開がわかっていても間合いが読めなくて怖い」と恐怖を思い出して苦笑い。

 “魔除け”として舞台あいさつに小さいシーサーを持参していた矢倉も「想像以上に怖くて、わかっていても悲鳴をあげてしまった。ホラー好きにはたまらない作品になっています」とアピールしていた。

 同作は、スタジオとして使用されている廃校を舞台に、若手女優、アイドルユニット、芸人の恐怖体験を描く。そのほか、ライセンス藤原一裕、長江俊和監督が出席した。



関連写真

  • 映画『ホラーの天使』の舞台あいさつに出席した(左から)NMB48の矢倉楓子、葵わかな (C)ORICON NewS inc.
  • 矢倉楓子はシーサーを持参 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス