• ホーム
  • 芸能
  • ジャニーズWEST・濱田崇裕“単独初座長”の響き「気持ちいい」

ジャニーズWEST・濱田崇裕“単独初座長”の響き「気持ちいい」

 アイドルグループ・ジャニーズWEST濱田崇裕が22日、都内で行われた『歌喜劇/市場三郎〜温泉宿の恋』フォトコール後の取材会に出席した。同作で単独初座長となる濱田だが、自身が務めることについて「ビックリです」と驚き。しかし座長と呼ばれることは「気持ちいいです」とニンマリで、「おごってほしい時に『座長』と呼ばれて、メンバーにジュースとかおごっちゃいました…」と明かし、笑わせた。

 舞台のカンパニーに対しては「座長らしいことできていないような…」と漏らしたが、共演する入山法子は「あたたかい雰囲気なので、それによって結束力が高まった」と告白。演出の河原雅彦氏も「気持よく座長をやってくれたら」と背中を押した。

 同作は歌劇と喜劇が融合した“歌喜劇”で、キャストのせりふの中にアカペラが入り交じる一風変わった芝居を目指している。濱田は「愉快なアカペラが入るので今回、ハモリに苦労しましたね。でも、けいこしていても新感覚で新たしいものです」とアピールした。

 あす23日はジャニーズWESTがCDデビューして丸2年となる記念日で、「もっとジャニーズWESTを広めたい。舞台を通じてデカくなりたい」と意気込んだ濱田。座長を務める舞台は、メンバーも観劇する予定で「いってらっしゃいと言ってくれる。心強いです」と語った。

 同作はきょう22日から5月8日まで東京・グローブ座、5月13日から15日まで大阪シアター・ドラマシティにて上演される。



関連写真

  • 濱田崇裕と共演する入山法子 (C)ORICON NewS inc.
  • 演出を担当する河原雅彦氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス