• ホーム
  • 映画
  • 【沖縄国際映画祭】『火花』世界初上映、舞台裏にリアル芸人シンデレラストーリーも

【沖縄国際映画祭】『火花』世界初上映、舞台裏にリアル芸人シンデレラストーリーも

 俳優の林遣都、波岡一喜、門脇麦、芸人の村田秀亮(とろサーモン)、好井まさお(井下好井)、廣木隆一監督が21日、沖縄・那覇で開催中の第8回沖縄国際映画祭で行われた、Netflixオリジナルドラマ『火花』の特別上映舞台あいさつに登壇した。

 同作は、ピース・又吉直樹の芥川賞受賞作を映像化する注目作。6月3日からの世界190ヶ国同時配信に先駆けてこの日、全10話のうち1〜3話までが世界初上映された。上映後のステージに立った林は「昨年、日本中が大騒ぎになった又吉さんの芥川賞受賞会見を僕も見ていました。まさか自分が演じることになるとは思っていませんでしたが、関西弁をしゃべれることを必死にアピールして掴んだ役です。これだけ大勢の方が知っている大きな作品に携わる機会はなかなかない。僕にとっても大きな意味のある作品です」と熱い想いを語った。

 同作は、漫才の世界に身を投じた若者たちの10年間をリアルに描いていく。劇中の4人の芸人を演じた2人の俳優と2人の芸人は、4ヶ月の撮影を通してすっかり芸人のようなトークが身についていた。この日の舞台あいさつでも、4人のボケとツッコミが炸裂し、会場を大いに賑わせた。撮影エピソードを聞かれると村田は「現場では常に4人のだれかがしゃべって、だれかがボケて、だれかがすべっている。ミニコントが200くらいできています」。一方、林は「思うまま演じてくれと言われて、早い段階で好井さんを頼りました。ずっと一緒にいておもしろいところを盗みました」。すると好井は、初めは林のネタの練習相手として作品に参加していたところを廣木監督からキャストに起用された舞台裏を明かし、「僕のシンデレラストーリーは今日から始まります」。しかし、その真顔は会場の笑いを誘った。

 そんな4人を演出した廣木監督は「2人でしゃべる漫才は日本独特の文化。そこにかけるいろいろな人たちの姿を映し出しています。世界中の人に観てもらいたい」。林も「花火のように散っていった芸人たちの想いが詰まった作品です。彼らのかっこいい生き様を観てほしい。生きている限りバッドエンドはないという強いメッセージ込められています」と熱く語った。



関連写真

  • 特別上映後の舞台あいさつに登壇した好井まさお、門脇麦、林遣都、波岡一喜、村田秀亮、廣木隆一監督(左から)
  • 林遣都
  • 廣木隆一監督

オリコントピックス