• ホーム
  • 音楽
  • 阿蘇ロックフェス、地震影響で断念 復旧後の開催を協議

阿蘇ロックフェス、地震影響で断念 復旧後の開催を協議

 熊本・南阿蘇村で5月28日に行われる予定だった『阿蘇ロックフェスティバル2016』が、熊本地震の影響を受けて開催を断念した。実行委員会は21日、「地元の関係者とも話し合い、5月28日の開催は断念せざるをえないと判断しました。同時に、現地の復旧を待って<延期>という形での開催を協議しています。状況を注視し沈静化を待って安全を充分に精査したのちにご報告いたします」と発表した。

 昨年、泉谷しげるが発起人となって初開催された同フェスは、南阿蘇村をはじめ多くの熊本県のスタッフや協力者と共に運営をしている。実行委員会は現地の復旧を待ち、日程を変更して開催を模索していることを明かし、「必ず、同じスタッフと共に阿蘇ロックフェスティバルを『南阿蘇村』で再び開催する事を強く胸に誓います」と約束。「被災された皆様が早く平穏な日々を取り戻せるよう心より願い、微力ながら支援を続けていきたいと思います」としている。

 同フェスには、泉谷しげるwithバンド、ウルフルズサンボマスタースチャダラパー電気グルーヴでんぱ組.incレキシWANIMA、LEGENDオブ伝説a.k.a サイプレス上野(オープニングDJ)、スマイリー原島(MC)が出演予定だった。延期時期、払い戻し等の報告は決まり次第、案内される。



オリコントピックス