• ホーム
  • 芸能
  • 満島ひかりが“玉ねぎ頭” 本家・黒柳絶賛「きれいな人が似合う」

満島ひかりが“玉ねぎ頭” 本家・黒柳絶賛「きれいな人が似合う」

 女優の黒柳徹子(82)、満島ひかり(30)が21日、都内で行われたNHKドラマ『トットてれび』(30日スタート、毎週土曜 後8:15〜8:43 総合※連続7回)の記者会見に出席。黒柳のトレードマークである“玉ねぎ頭”姿を披露した満島について、本家の黒柳は「とってもうまくできていて感心しましたし、とてもおきれいな方で、この頭はきれいな人が似合うんだなと思いましたね」と笑顔で絶賛した。

【写真】その他の写真を見る


 黒柳の自伝的エッセイ『トットひとり』『トットチャンネル』を原作にした同ドラマは、テレビ放送が始まった昭和28年にNHK専属テレビ女優1号となって以来、テレビとともに歩み続けた黒柳徹子が、ドラマが生放送だったテレビ草創期から今日まで、お茶の間に笑いと涙を届けてきた自身と支えてきた多くの人々との交流を描く。原作者として黒柳は「私の書きましたものがドラマになるなんて、夢にも思わなかった」と感慨深げに語った。

 満島については「女優さんとしていいなと思っていました。どうせやっていただくなら似てるだけじゃなく、上手じゃないと嫌だなと思っていた。すごく演技が上手なのと、自由な精神を持ってる。こんなにうれしいことはない」と笑顔を見せた。ひと足早く完成した第1話を鑑賞し「私よりもおきれいで、ちょこちょこっと言うことが本当に私が言いそうなこと。すごく面白くて大丈夫と思いました」と太鼓判を押した。

 べた褒めされ、照れ笑いを浮かべていた満島は「私もテレビで遊んでみたいなと。徹子さんの生きてきた人生を拝借して、今の現代でどれだけテレビで遊べるかやってみようと、頑張っているところです」と本人を横に気合十分。玉ねぎ頭もなじんできたようで「この髪型とメイクアップをしただけて、皆が優しくなってくれる」と改めて“黒柳徹子”の影響力を実感したようだ。



関連写真

  • NHKのドラマ『トットてれび』で黒柳徹子を演じる満島ひかり(左) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)満島ひかり、黒柳徹子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス