ローラ、胸元あらわなセクシーカット披露 毎日の活力は「恋だよ!」

 モデルでタレントのローラが、23日発売の雑誌『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)6月号に登場。女優としてハリウッドデビューするローラは、ロサンゼルスの高級住宅地・ビバリーヒルズで行われた撮影で、おなじみの天然キャラを封印し、大人の男女の関係をセクシーに演じた。

 ローラは、今年末に全米での公開を控える人気映画シリーズ『バイオハザード』の最新作に出演する。モデルやタレント、歌手などさまざまな肩書を持つが、今回は女優としての魅力を発揮。胸元があらわになったセクシーな赤いドレスで、つややかな色気を漂わせている。

 また、インタビューでは、多忙な日々が続く中、毎日に活力を与えているものを聞かれると、「それはね、恋だよ!」と話している。

 そのほか、誌面では「男のボディはどうあるべきなのか?」についての特集「“ボディ”で人生が変わる!BODY WILL CHANGE YOUR LIFE!」を実施。日本を代表するフォトグラファー・荒木経惟氏が、ディーン・フジオカから上島竜兵まで「時代の肉体」をフォトセッションで撮り下ろした。表紙も特集にちなみ、世界最高のサッカー選手であるクリスティアーノ・ロナウド選手が、鍛え上げられた肉体を惜しげも無く披露している。



関連写真

  • 『GQ JAPAN』6月号でセクシーな撮影に挑んだローラ
  • 見事な肉体を披露したクリスティアーノ・ロナウド=『GQ JAPAN』6月号表紙=

オリコントピックス