• ホーム
  • 映画
  • 金子ノブアキ、スリリング体験を告白 夏の終わりの恐怖体験に…

金子ノブアキ、スリリング体験を告白 夏の終わりの恐怖体験に…

 ミュージシャンで俳優の金子ノブアキが21日、都内で行われたオムニバス映画『スリリングな日常』(6月25日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 作風になぞらえて“スリリングな出来事”を問われた金子は「キャリアがスリリングにきちゃってるので、とてもじゃないけど、一番すごいのは言えない」と笑いながら、「去年の夏にセミが首辺りに落ちてきて、絶命した。最後のひと鳴きをして、死んでいくという…。なかなかスリリングでしたよ」と明かし、笑わせた。

 同様の質問にモデルの藤田富は「撮影で朝5時に家を出たら、黒くておかっぱでメガネをかけた怖い人が後ろからついてきて、怖いなと思ってたんですよ…」と切り出しつつ、「パッと見たら南海キャンディーズの山ちゃん(山里亮太)でした」とオチをつけて、劇場を沸かせていた。

 舞台あいさつにはそのほか、落合モトキ相楽樹、加藤葵、熊坂出監督、豊島圭介監督が出席した。




関連写真

  • 金子ノブアキ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)金子ノブアキ、落合モトキ、相楽樹、加藤葵、藤田富、豊島圭介監督、熊坂出監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 落合モトキ=オムニバス映画『スリリングな日常』完成披露舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 相楽樹=オムニバス映画『スリリングな日常』完成披露舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 加藤葵=オムニバス映画『スリリングな日常』完成披露舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 藤田富=オムニバス映画『スリリングな日常』完成披露舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス