若者も共感 小田和正の“世代を繋ぐ歌”

 1970年にオフコースとしてデビューし、46年間にわたって第一線で活躍してきた小田和正。彼のキャリアの中で、バンドでもソロでも多くのヒット曲を生み出し、それらは長きにわたって日本人に愛されてきた。世代を超えて広がり続ける小田和正についてORICON STYLEでは、10代〜60代の男女3300人を対象にアンケート調査を行い、その魅力を探った。

KAT-TUNスキマスイッチらを通して若い世代にも楽曲が浸透

 まず、人々が初めて小田和正を知ったきっかけの楽曲とは何だろうか? 上位3曲は「ラブ・ストーリーは突然に」「さよなら」「言葉にできない」といういずれ劣らぬ大ヒット曲だが、このなかで「ラブ・ストーリーは突然に」のみがソロとしてリリースした作品であることから読み取れるのは、同曲で小田を知った人たちは、オフコースを知らなかった世代、あるいはオフコースに小田和正が在籍していたことを知らなかった世代という可能性が高い。オフコースの解散は89年、そこから導き出されるのは30代よりも下ということだ。さらに彼の支持層は10代、20代にも広がる。

 そのことがわかるのが、【初めて小田和正を知ったきっかけの楽曲は?】という質問に対する「僕らの街で」という回答。小田作品に詳しい人ならわかることだが、CD収録されていない曲で、2006年にKAT-TUNの3thシングルとして提供されたもの。すなわち、「KAT-TUNの『僕らの街で』を作ってくださった」(東京都/20代/女性)と彼らを介して小田和正に出会った人もいるということであり、このほかにも、「もともと好きなスキマスイッチの大橋卓弥さんが『たしかなこと』をカバーしたのをきっかけに小田さんも聴くようになりました」(愛知県/20代/女性)、「ゆずとコラボしていた曲を聴いて」(東京都/20代/女性)、「HYDEさんが好きというのを聞いて、楽曲を意識して聴くようになってから」(大阪府/30代/女性)と若い世代に支持を集める様々なアーティストとの共演やカバーされていることをきっかけに、本来小田とは接点のなかった層にまで彼の音楽が浸透しているケースは少なくない。

◆全世代からの高い支持率が他のアーティストを圧倒

 また、普段あまりメディア出演しない小田和正だが、唯一毎年欠かさず小田が出演するコラボレーションライブ番組『クリスマスの約束』(TBS系)がある。2001年より毎年12月25日(クリスマス)前後に放送され、深夜帯にもかかわらず常に高視聴率をマーク。中居正広SMAP)やスキマスイッチ、いきものがかりといったゲストを迎え、世代を越えたアーティストとの共演や様々なアーティストのカバーを歌唱する。「番組のイメージが強く、冬になるとしんみりと聴きたくなる」(神奈川県/30代/女性)、「クリスマスの約束が好きで、その時期になると、聴きたくなります」(千葉県/30代/女性)と、時に家族で、時に恋人同士でと、まさに世代を超えてのクリスマスの恒例となっているようだ。

 また、40代以上となると、大半がオフコースの音楽に接してきた世代と言える。そういう意味では、小田和正の歌は自分たちの青春そのものであり、思い出そのもの。「学生時代の思い出がよみがえります」(東京都/40代/女性)、「青春の道しるべ」(福岡県/50代/男性)と楽曲が人生の1シーンと重なり、悩んだ時のヒントになっていたりもする。

 アーティストには最もよく聴かれた時期というものが存在する。それゆえ、どうしてもある世代のファンのボリュームが膨らむ傾向にもある。だが、70年代から現在まで、様々なアプローチを取りながらも、変わることのない「人生のテーマ」を歌い続けてきた小田和正には幅広い世代のファンがいる。10代〜60代にも「共感」と「感動」を与える彼の音楽は無二のものであり、永遠に輝き続けるものでもある。小田の歌は「人生」そのものなのだ。

(文:田井裕規)



関連写真

  • ベストアルバム『あの日 あの時』を発売した小田和正
  • ベストアルバム『あの日 あの時』
タグ

オリコントピックス