• ホーム
  • 映画
  • 新たな仲間と冒険へ 『ファインディング・ドリー』最新予告編解禁

新たな仲間と冒険へ 『ファインディング・ドリー』最新予告編解禁

 2003年に公開され、興行収入110億円という大ヒットを記録したディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』の続編にして、13年ぶりの新作『ファインディング・ドリー』(7月16日公開)の最新予告編が20日、解禁された。個性的な新キャラクターの登場で、冒険のスケールアップを期待させる映像になっている。

 舞台はカクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、愛する息子ニモを救出した冒険から1年後──。ニモの親友、忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは“家族の思い出”だった。

 予告編は美しい海からスタートする。固い絆で結ばれたドリー、マーリン、ニモの3匹は平穏な日々を過ごしていたが、ドリーが突然思い出した“家族の思い出”によって事態は急展開。すぐに家族を探しに行こうとするが、心配症のマーリンは1年前、ニモを探した危険な冒険を思い出し反対する。

 しかし、ドリーの寂しげな「家族に会いたい気持ち…わかる?」という言葉と、愛する息子ニモの「今度はボクがドリーを助けるよ」という言葉に心打たれ完敗。ドリーが小さかった頃の“大切な思い出”の謎を求めて、再び大冒険が始まる。

 映像には、前作でも活躍したウミガメのクラッシュ親子などおなじみの人気キャラクターのほか、新たにニモたちが冒険の末にたどり着いた“人間の世界”で出会う、タコのハンクとジンベエザメのデスティニーが登場する。

 敵か味方か、思わせぶりな言動を続けながら地上を縦横無尽に動き回るハンク、大きな水槽と思われる場所で愛らしい笑顔で陽気にドリーと会話するデスティニー。個性豊かな新キャラクターたちが、ドリーとニモの冒険にどう関わってくるのか。

 予告の後半では、ニモが「ドリーのパパとママが見つかったらお別れなの?」と、つぶやく姿も。果たして世界一有名な魚たちは“人間の世界”にあるというドリー幼少期の謎を解き、家族を見つけることができるのか? そして、ニモとドリーに別れは訪れてしまうのか?

 23日からは、ドリーの幼い頃の姿“ベビー・ドリー”の映像が入った限定予告編が全国の劇場で上映される。



関連写真

  • 『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー』は7月16日公開(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『ファインディング・ドリー』に登場するディスティニ―(C)2016 Disney/Pixar. All Rights
  • 『ファインディング・ドリー』に登場するハンク(C)2016 Disney/Pixar. All Rights

オリコントピックス