• ホーム
  • 芸能
  • 伊藤英明主演ドラマ『僕のヤバイ妻』初回8.3%

伊藤英明主演ドラマ『僕のヤバイ妻』初回8.3%

 俳優の伊藤英明が主演する関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕のヤバイ妻』が19日より放送開始され、初回2時間スペシャル(後9:00〜10:48)の番組平均視聴率が8.3%だったことがわかった。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

 略して『ヤバ妻』は、26日放送の第2話以降、毎週火曜、午後10時より放送。裕福な令嬢との恋愛結婚、広告代理店を脱サラしカフェの経営と、一見順風満帆な人生を送っているように見える主人公の望月幸平(伊藤)だが、本音は妻・真理亜(木村佳乃)の気遣いと束縛に息苦しさを感じ、不倫相手と妻の殺害を企てていた。その矢先、妻が誘拐される想定外の“事件”が起きる。

 放送中、公式ツイッター「@yabatsuma_ktv」を使って、「この場面、超重要です! 後々これがあんな事に繋がっていくなんて…」「誘拐事件のニュースをラジオで聞く謎の男、佐々木蔵之介さん??いったい何者?」「横路(宮迫博之さん)、登場! な、なんか怪しい!? そして幸平の後を付ける、謎の男・緒方(眞島秀和さん)、もっと怪しい?」などと、リアルタイムでプロデューサーがつぶやきを投稿。これに対する反響などでネット上をざわつかせた。フォロワーも急増し、「第2話の視聴につながれば」(宣伝担当)と期待を寄せる。

 第2話では、「次回は真理亜の恐ろしい本性が 牙をむきますよ〜」との公式ツイートや予告映像からも、真理亜の誘拐事件が実は自作自演だったことを幸平も知ることに。豹変した真理亜と幸平は結婚生活を続けていけるのか? 身代金の2億円が届けられたバーのマスター・小暮久雄(佐々木)と真理亜の関係は? 

 もちろん、初回の“誘拐事件”だけでは終わらない。幸平の不倫相手・北里杏南(相武紗季)、幸平を疑い事件を追う刑事・相馬誠一郎(佐藤隆太)、望月家を覗き見るのを密かな楽しみとし、親切だがワケありげなご近所さん、鯨井夫妻(キムラ緑子高橋一生)、幸平の元・義兄で誘拐事件の真相を探る興信所の調査員・横路(宮迫)らが絡み、新たな事件が起き、着地点がまったく見えないサスペンスが繰り広げられていく。



オリコントピックス