• ホーム
  • 芸能
  • たむけん、新大阪の“カレー屋”閉店へ 撤退は「大人の事情」

たむけん、新大阪の“カレー屋”閉店へ 撤退は「大人の事情」

 ピン芸人のたむらけんじ(42)が19日、公式フェイスブックを更新。自身がオーナーを務める、新大阪の『炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん』を9月いっぱいで閉店することを報告した。

 「今日はいつもお世話になってる、応援してくれている皆さんにお伝えしなくてはいけない事があります」の書き出しでたむらは「僕がオーナーを務めます、新大阪の新幹線改札内で5年間やらせて頂いていた『炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん』を9月いっぱいで(予定)閉店しなくてはいけなくなってしまいました」と報告。

 「最近では常連さんもたくさん出来まして、大阪に来る芸人さん、タレントさん、大阪から東京へ行く芸人さん達にも本当に可愛がってもらってました」と感謝を述べつつ「売り上げもたった5坪で年間7800万円を売り上げ経営的にもなんの問題もなく、これからも頑張って《新大阪にたむらのカレーあり!》と言われるようにと思ってた矢先に本当に僕の力ではどうしようもない大人の事情で撤退をしなくてはいけなくなりました」とつづった。

 閉店の詳細については「大人の事情」とし、深く触れなかったが「こんなに皆さんが愛してくれてる、応援してくれてるのにやめなあかんねやと、めちゃくちゃ頑張って接客してくれてる、お客様から本当に評判のええ従業員達の働く場所が無くなってしまうんやと思ったら本当に悔しくて悔しくてなりません」と心境を明かし「たむらのカレーファンの皆さんにはせっかく可愛がって頂いてたのにこんな結果になってしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。

 それでも、残り5ヶ月は「やらせて頂けることを前向きに捉えてこの5ヶ月間『あー! たむらのカレーやっぱり美味いなぁ! 接客やっぱり最高やなぁ!』っと来て頂いた全てのお客様に言って頂けるよう従業員一同全力でやらせて頂きますのであと、5ヶ月ですがよろしくお願いします!」と伝え「新大阪にお越しの際は『炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん』に立ち寄ってください!」と呼びかけている。



オリコントピックス