• ホーム
  • スポーツ
  • 中村アン、ショートパンツで初始球式もノーバンならず「75点」

中村アン、ショートパンツで初始球式もノーバンならず「75点」

 モデルでタレントの中村アン(28)が19日、東京ドームで東北楽天ゴールデンイーグルス-オリックス・バファローズ戦の始球式を行った。9月17日の自身の誕生日に合わせて「背番号17」のユニフォームにショートパンツ姿で登場し、力いっぱい投球したが“ノーバン”とはならなかった。

 中村は予定していた位置より後ろから投げてしまい、2バウントで嶋基宏捕手のミットに。「もっとちゃんと届いたかもしれない。ノーバウンドで投げたかった」と悔しさをにじませたが、「緊張しましたが楽しかった」と笑顔で自身の投球を振り返った。

 幼いころから、リトルリーグに所属していた1つ歳下の弟とキャッチボールしていたという中村は、約10年ぶりという投球に「ファッションショーに似ていますが、こっちの方が緊張しました」と話し、自身の投球を「思ったより届いたので、75点」と評価した。




オリコントピックス