• ホーム
  • 映画
  • 劇場版「コナン」と「しんちゃん」で1位・2位占拠

劇場版「コナン」と「しんちゃん」で1位・2位占拠

 読売テレビ・日本テレビ系で放送中の人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版20作目『名探偵コナン 純黒の悪夢<ナイトメア>』16日、全国348スクリーンで公開され、土日2日間で動員93万3781人、興行収入12億915万8900円をあげ、『全国映画動員ランキングトップ10』(興行通信社調べ)で初登場1位を獲得した。2位には、テレビ朝日系で人気のアニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場版24作目『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』がランクインした。

 1996年1月にテレビアニメがスタートし、97年4月公開の劇場版1作目から数えて20作目ということで、今年の『コナン』はより力が入っている。ドイツ、カナダ、ロンドンと世界各国で黒ずくめの組織による暗殺事件が発生し、原作でも謎の部分が多い黒ずくめの組織の内部が明らかになるストーリー。20thアニバーサリーゲストとして天海祐希が出演。主題歌をB’zが担当している。

 『しんちゃんは』と同じ16日に全国334スクリーンで公開され、土日2日間で動員33万7108人、興収4億51万9100円をあげた。夢の世界を舞台にしんのすけたち“カスカベ防衛隊”が人類の安眠をかけて活躍する様子を描く。劇団ひとりが脚本に参加し、ゲスト声優として安田顕、吉瀬美智子、とにかく明るい安村が出演。

 『コナン』も『しんちゃん』も、昨年公開された劇場版がそれぞれシリーズ最高興収を記録し、20年以上の長きにわたって親しまれている上に勢いを増している。2015年4月に公開された劇場版19作目『名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)』は興行収入44.7億円をあげ、3作品連続で興行収入の最高記録を更新。同じく劇場版23作目『オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』は興行収入22.8億円を上げ、1993年に公開された1作目『アクション仮面VSハイグレ魔王』のシリーズ最高記録を22年ぶりに更新した。

 2日(5月2日と6日)休めば10連休も可能な大型連休中の興行が注目される。



関連写真

  • 映画ランキング初登場1位は『名探偵コナン』、2位は『クレヨンしんちゃん』(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016
  • 劇場版シリーズ20作目『名探偵コナン 純黒の悪夢』(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 劇場版シリーズ23作目『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

オリコントピックス