• ホーム
  • 芸能
  • 【オリコン】氷室京介、初のオールキャリア・ベストで通算12作目アルバム首位

【オリコン】氷室京介、初のオールキャリア・ベストで通算12作目アルバム首位

 両耳の聴力悪化のため、4月から5月にかけての全国4大ドームツアー『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』をもってライブ活動を無期限活動休止するロック歌手・氷室京介にとって初となるオールキャリア・ベストアルバム『L’EPILOGUE』(4月13日発売)が、初週に8.5万枚を売り上げ、4/25付オリコン週間アルバムランキングで首位に初登場した。

 氷室のアルバム1位獲得は前作のソロ25周年記念ベスト盤『KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary BEST ALBUM GREATEST ANTHOLOGY』(2013年8月発売)が2013/9/2付で獲得したのに続いて2作連続。同・通算獲得作品数は12作目となり、氷室は長渕剛とならんで男性ソロアーティスト歴代1位タイとなった(同・歴代3位は山下達郎福山雅治の11作。歴代5位は松山千春小田和正の10作)。

 デビュー曲「ANGEL」をはじめ、「KISS ME」「魂を抱いてくれ」など、氷室のソロ代表曲を中心に構成された今作は、CD2枚組で全31曲を収録。1988年4月に解散した伝説のロックバンド・BOOWY時代の楽曲「CLOUDY HEART」「わがままジュリエット」など7曲も再レコーディングのもと、収録されている。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


オリコントピックス