• ホーム
  • 芸能
  • “九州芸人”地元へ恩返し DVD売上金を寄付 ゴリけん「心を一つに」

“九州芸人”地元へ恩返し DVD売上金を寄付 ゴリけん「心を一つに」

 ワタナベエンターテインメントの九州事業本部に所属する、ピン芸人のゴリけんとお笑いコンビ・パラシュート部隊斉藤優、矢野ペペが、14日から断続的に発生している熊本地方を震源とする地震で、被災した人たちへ義援金を送ることが18日、わかった。3人は、これまで自分たちを支えてくれた地元への恩返しとして、先月発売した『ゴリパラ見聞録DVD Vol.4』の印税を寄付する。

 テレビ西日本(TNC)ほか、全国11局で放送中の「ゴリパラ見聞録」にレギュラー出演する3人。先月発売した最新の番組DVDがオリコンデイリーランキング1位を獲得し、DVDのシリーズ総売り上げ枚数が4万枚を突破するなど、地元九州を中心に人気を博している。熊本県出身のゴリけんは、一時、東京に拠点を置くものの、2006年に再び故郷九州へ活動拠点を戻し、パラシュート部隊は大阪出身でありながら、06年より福岡に移住し、あたたかく地元の人々に支えられてきた。

 ゴリけんは「僕の愛すべき故郷、熊本」「ゴリパラの旅でも何度も行かせてもらった熊本です。巡ったスポットのあのきれいな景色が今こんな事になっているなんて、本当に胸が痛みます。 1日も早く元気を取り戻して欲しい!!」と胸中を明かし「お世話になった熊本の復興に役立てるように心を一つにしてこの災害を乗り切りたいと思っています。 九州を一つに!! みんなで乗り越えましょう!! 頑張ろう!! 熊本!!!」とメッセージ。

 斉藤は「全国の皆さまに買って頂いたDVDの気持ちを九州にお返しします。まだまだ力足らずですが、継続的に今できる事で恩返しをしていきたいと思ってます」と伝え、矢野も「寄付以外にもイベントやライブで九州の皆さんにちょっとでも恩返しできるようにしたいと思います。またロケで素晴らしい熊本を紹介できる日を願っております」とコメントした。

 なお、3人は熊本地震被災支援として、あす19日午後6時30分から福岡市の旧大名小学校で行われる「WITH THE KYUSHU プロジェクト」に出席し、現地で義援金の呼びかけ、支援物資の荷物運びなどの出来る限り活動に参加する。



オリコントピックス