• ホーム
  • 芸能
  • フジ・2年目小澤陽子アナ、他局出身の先輩アナからバッサリ

フジ・2年目小澤陽子アナ、他局出身の先輩アナからバッサリ

 お笑いタレント・有田哲平くりぃむしちゅー)がMCを務めるフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)の15日放送回に、入社2年目の小澤陽子アナウンサーが新キャスターとして初登場した。

【写真】その他の写真を見る


 前回(3月25日)の放送で、それまでキャスターを務めていた春日由実アナウンサーが、イリュージョニストDaikiのイリュージョンによって消失してしまうという結末で終了。この日の放送では、春日アナの行方がわからないなか、小澤アナが新キャスターとして紹介された。

 小澤アナは現在、『めざましテレビ アクア』(金)、『めざましテレビ』(金)のキャスターを担当しているほか、1月から『みんなのKEIBA』(日)のMCも務めている。『脱力タイムズ』で初めてバラエティー番組のレギュラーを任された。

 番組で小澤アナは「身長167センチの長身でミス慶応という経歴、特技はクラリネット」と紹介されたが、全力解説員として出演する元TBSアナウンサーの吉川美代子に「良いアナウンサーになれることと関係ありません」とバッサリ斬り捨てられる洗礼を受けていた。

 同番組は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず脱力してしまうような切り口で解説する新感覚ニュースバラエティー。メーンキャスターをアリタ哲平(有田)が、毎回ゲストコメンテーターをさまざまな角度から深掘りし、バカバカしいことを淡々と真面目に進行していく。

 初回収録後、小澤アナは「ちゃんとできたか不安でした。表情一つ、声のトーン一つも、深いなあと思いました。また、とてもスタジオの雰囲気もよく安心しました。楽しかったです! アシスタントとして有田さん率いるこのチームの一助になれるように頑張ります」と話していた。



関連写真

  • フジテレビ系『全力!脱力タイムズ』に入社2年目・小澤陽子アナウンサー(左)が加入。メーンキャスターのアリタ哲平こと、くりぃむしちゅーの有田哲平(中央)、フリーアナウンサーの吉川美代子
  • 問題の自己紹介
  • 次回(4月22日放送)は小澤アナが共演したかった芸能人の一人、アンジャッシュの渡部建が出演
  • フジテレビ系『全力!脱力タイムズ』に入社2年目・小澤陽子アナウンサー(左)が加入

オリコントピックス