• ホーム
  • 芸能
  • 竹中直人、初の信長に「まさか僕が!?」 戦国三英傑を制覇

竹中直人、初の信長に「まさか僕が!?」 戦国三英傑を制覇

 俳優の竹中直人が15日、東京・渋谷のNHKでBSプレミアムのドラマ『最後のレストラン』(26日スタート、毎週火曜 後11:15、連続8回)の試写会に出席した。同ドラマの第1話に織田信長役で出演。「まさか僕が信長を演るなんて思ってもいなくて、秀吉だろうと思っていた(笑)。僕で大丈夫かなというのもありましたけど、“人間50年”を歌えたのはうれしかったですね」と感想を語った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、織田信長、土方歳三、クレオパトラ、ナポレオン、坂本龍馬などの歴史上の偉人たちが死の間際に現代のレストランにタイムスリップしてくるという藤栄道彦氏の同名グルメ漫画(新潮社『月刊コミック@バンチ』)が原作。偉人たちの無理難題なオーダーに挑む天才シェフ・園場凌(そのば・しのぐ)役で俳優の田辺誠一が主演する。

 第1話では、京都・本能寺で明智光秀に追い詰められた信長が、園田のフレンチレストラン「ヘブンズドア」に現れ、空前絶後の料理を作れと命じるというストーリー。

 竹中は1995年にテレビ東京の新春ワイド時代劇『豊臣秀吉 天下を獲る!』で徳川家康、NHK大河ドラマでは2度(96年『秀吉』※主演、14年『軍師官兵衛』)豊臣秀吉を演じ、今回、初めて信長を演じたことで戦国時代の三英傑をコンプリート。

 竹中は「僕の中で信長といえば、『秀吉』の時の渡哲也さんのイメージだったので、それがぶわっと蘇ってきて。『秀吉』は39歳から40歳にかけて撮影していた作品ですが、いろんな思いが頭の中をよぎりました。『軍師官兵衛』の江口洋介さんの信長も素晴らしかったけれど、やはり最初の渡さん…ですね。“♪人間50年〜”と歌うところでは、自分で感動しましたね。ただ、このドラマ1話30分なので尺がなくて、ゆっくり歌えなかったのが残念」としみじみと、思い入れたっぷりに話していた。

 試写会には主演の田辺、第2話に登場するクレオパトラを演じた小沢真珠も出席した。



関連写真

  • 織田信長役に初めて挑戦する竹中直人 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『最後のレストラン』の試写会に出席した(左から)小沢真珠、田辺誠一、竹中直人 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『最後のレストラン』の試写会に出席した田辺誠一 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『最後のレストラン』の試写会に出席した小沢真珠 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『最後のレストラン』の試写会に出席した(左から)田辺誠一、小沢真珠、竹中直人 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『最後のレストラン』の試写会に出席した(左から)小沢真珠、田辺誠一、竹中直人 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス