• ホーム
  • 芸能
  • グローバルな活躍目立つすみれ、エアアジアの国内ブランドアンバサダーに就任

グローバルな活躍目立つすみれ、エアアジアの国内ブランドアンバサダーに就任

 モデルでタレントのすみれが、航空会社『エアアジア』の日本におけるブランドアンバサダーに起用された。18日より開始する広告キャンペーンを皮切りに、ブランドキャンペーンに登場するほか、23ヶ国100都市を就航するエアアジアで各地を旅するすみれの様子も公開。「旅行が大好き」だというすみれは、「エアアジアが就航している東南アジアをはじめとするアジア地域には、たくさんの魅力あふれる場所があります。様々な場所をたずね、皆様にご紹介していきたい」と意気込みを語った。

 1990年に日本で生まれたすみれは、7歳でハワイに移住し、2009年、米国の名門カーネギーメロン大学演劇科に進学。2011年に芸能界にデビューして間もなくイル・ディーヴォとコラボレーションを果たしたほか、最近ではハリウッド映画で大役を射止めるなど、グローバルな活躍を見せている。同社グループCEOのトニー・フェルナンデス氏は「日本生まれ、ハワイ育ちのすみれさんは、国境にとらわれないグローバルな存在。エアアジアにとって、日本と東南アジアの架け橋のような役割になってくれると確信しています」とコメントしている。

 18日からのキャンペーンでは、東京・大阪・札幌のJRや私鉄、地下鉄の主要駅での連貼りポスターのほか、ネットでのバナーと動画広告で大規模に展開。キャンペーンと連動したスペシャルセールも実施するという、盛りだくさんな内容となっている。フェルナンデス氏は、「すみれさんの明るく情熱的なキャラクターと、常に前向きな姿勢は、私たちエアアジアのブランド精神と一致しています。日本は重要なマーケット。まるでエアアジアのブランドを体現したかのようなすみれさんを通じて、その魅力をより多くの日本の皆様にお伝えしていきたいと考えています」と期待を寄せた。

 なお、14日よりYouTubeエアアジア公式チャンネルですみれの就任コメント動画を公開。スペシャルセールの詳細は、18日に公式HPで発表される。



オリコントピックス