• ホーム
  • 映画
  • 多部未華子、座右の銘は「なんとかなる」

多部未華子、座右の銘は「なんとかなる」

 女優の多部未華子が14日、都内で行われた映画『あやしい彼女』大ヒット舞台あいさつに出席。座右の銘を聞かれた多部は「なんとかなる」とポツリ。司会を務めた藤井恒久アナウンサーは「あ、6文字。でも深いですね」と簡潔な答えに苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、毒舌・皮肉屋・頑固と三拍子のそろった73歳おばあちゃんが、ある日突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる爆笑と感動の物語。『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』の水田伸生氏が監督を務める。

 音楽プロデューサーを演じた要潤は、役作りについて劇中歌プロデュースを担当した小林武史氏をイメージして演じたことを告白。「お会いしたことないですが、大好きなので。こういう人なんだろうなって想像して役にのせた」と明かしたが、小林氏から歌のレッスンを受けていた多部は「特には似てなかった」とバッサリ。要が「多部ちゃんは正直」と肩を落とすと、「似ていないけれど、どっちもかっこいい」とフォローしていた。



関連写真

  • 座右の銘は「なんとかなる」と明かした多部未華子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)水田伸生監督、多部未華子、要潤 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『あやしい彼女』大ヒット舞台あいさつに出席した水田伸生監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『あやしい彼女』大ヒット舞台あいさつに出席した要潤 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス