• ホーム
  • 映画
  • 上戸彩、ディズニー吹き替えの難しさ実感「コテンパンにやられた」

上戸彩、ディズニー吹き替えの難しさ実感「コテンパンにやられた」

 女優・上戸彩(30)が14日、都内で行われた映画『ズートピア』(23日公開)ジャパン・プレミア・イベントに出席。ディズニー最新映画である同作で、主人公・ウサギの新米警官のジュディの日本語版声優を務めた上戸は「コテンパンにやられました」と苦戦したことを振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 台本をもらった際に「何回かアフレコのお仕事をさせていただいているので、まぁ3日間くらいで終わるんじゃないかと。3日で終わらせてやると思っていた」と甘く見ていたことを告白。しかし、実際には8日間かかったことを明かした。

 「全く進まなくて、1日6ページしか進まない日もあって、『これは公開できないぞ』と思った」とあまりの厳しさに苦笑。「後半は波に乗っていけましたが、最初はどうなることやらと思うくらい駄目出しばかりで…」と反省しながらも「何度見ても飽きないし、夢であふれているし、ジュディはかわいいし、スタジオに行くのは楽しかった。幸せでした」と手応えを語った。

 警察署受付担当のチーター・クロウハウザーを演じたお笑いコンビ・サバンナ高橋茂雄(40)、も同じく「名前を名乗るだけでも苦労しました」と、とほほ顔。一方で「『ズートピア2』とか『3』とか、いずれはクロウハウザーのスピンオフとか妄想してる」と続投にも色気を出して、笑いを誘っていた。

 この他、イベントではDreamのAmi(27)が動物たちの着ぐるみのズーラシアンブラスとともに主題歌「トライ・エブリシング」を歌唱して盛り上げていた。



関連写真

  • 声優での苦労を振り返った上戸彩 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ズートピア』ジャパン・プレミア・イベントに出席したDream・Ami (C)ORICON NewS inc.
  • 『ズートピア』ジャパン・プレミア・イベントに出席した上戸彩 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ズートピア』ジャパン・プレミア・イベントに出席したサバンナ・高橋茂雄 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)Dream・Ami、上戸彩、サバンナ・高橋茂雄=『ズートピア』ジャパン・プレミア・イベント (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)Dream・Ami、上戸彩、サバンナ・高橋茂雄=『ズートピア』ジャパン・プレミア・イベント (C)ORICON NewS inc.
  • 『ズートピア』ジャパン・プレミア・イベントの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス