• ホーム
  • 映画
  • クロエ・グレース・モレッツ、素顔は“普通”の女の子「家族のおかげ」

クロエ・グレース・モレッツ、素顔は“普通”の女の子「家族のおかげ」

 23日公開の映画『フィフス・ウェイブ』に主演する米女優クロエ・グレース・モレッツ(19)。5歳から芸能活動を始め、『キック・アス』のヒット・ガール役で一躍トップ女優、19歳にしてセレブの仲間入りをしたクロエだが、その素顔はおしゃれなファッションを楽しみ、気になったものをSNSに投稿する、同世代の若者と変わらない“普通の女の子”。多忙なハリウッド女優でありながら、飾らない普通の女の子でいられる理由について「家族の存在が大きい」と語っている。

 「この年で所得税を払うのは、最も気が重いことの一つだわ」と“ヤング・セレブ”ならではの苦労もあるが、「女優の仕事をしている私は、パワーがありすぎるし、お金がありすぎるし、いろんな影響がありすぎる。その上さらに、同世代のみんなが持つ普通の悩みもある。それでも私が地に足をつけたまま前進できているのは、家族のおかげなのよ」と感謝する。

 クロエは、4人の兄を持つ5人兄妹の末っ子。なかでも長男トレバーは俳優兼プロデューサーとして公私ともにクロエをサポートしており、クロエ自身も同性愛者の2人の兄へ向けられる社会の偏見について反論するなど、家族を支える一面も見せている。

 兄たちとの仲の良い写真をSNS上で披露するクロエは、大好きな家族によって19歳の女の子としての素顔を支えられ、スターでありながらおごり高ぶらない彼女の“親近感”にファンたちは魅了されている。

 そんなクロエが本作で演じるのは、ほかのティーンエイジャーと変わらない、自分を探しながら毎日を生きる“ごく普通”の女子高生キャシー。突如、正体不明の敵“アザーズ”の攻撃に襲われた彼女は、誰が敵か味方か分からない状況に投げ出されてしまうが、離れ離れになってしまった弟を救うため一人奮闘する。

 家族を大切に思う役柄に「私自身、家族がいなかったら、今までたくさんの作品に出演し、さまざまな役に挑戦してきた経験の、何ひとつ達成できなかったと思うわ。そこがキャシーと同じなの」と自分を重ね、「彼女が過酷な状況でも必死でサバイバルできる理由は、離れ離れになった弟のためなのよ」と、“家族への愛”が強いキャラクターに共感を寄せている。



オリコントピックス