黒木華主演ドラマ『重版出来!』初回9.2%

 女優の黒木華が主演するTBS系ドラマ『重版出来(じゅうはんしゅったい)!』(毎週火曜 後10:00)の初回(15分拡大)が12日放送され、番組平均視聴率は9.2%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同ドラマは、『月刊!スピリッツ』(小学館)で連載中の松田奈緒子氏の同名漫画を連続ドラマ化。連ドラ初主演の黒木が演じる『週刊バイブス』の新米編集者・黒沢心が、一癖も二癖もある編集部員や漫画家、営業担当、書店員たちを巻き込み、ライバル誌に勝とうと奮闘する。タイトルの「重版出来」は、本が売れて重版することを指す業界用語。

 オダギリジョーが『週刊バイブス』の次期編集長候補の副編集長・五百旗頭敬(いおきべ・けい)、坂口健太郎がコミック営業部員の小泉純、松重豊が同誌の編集長・和田靖樹、荒川良々、安田顕らが同誌編集部員として出演。

 第1話は、柔道一筋で元五輪代表候補だった心が、新卒で大手出版社・興都館(こうとかん)に入社し、週刊バイブス編集部に配属されるところからスタート。デビュー40年、第一線で活躍し続ける『バイブス』看板漫画家、三蔵山龍(小日向文世)が突然、引退宣言をするという騒動が描かれた。

 劇中に登場する漫画を本物の漫画家が執筆している点も見どころ。第1話では、三蔵山龍作『ドラゴン急流』を、『鉄腕バーディー』『機動警察パトレイバー』など、アニメ化された作品多数、30年以上も週刊連載を続けるゆうきまさみ氏が描いている。ドラマオリジナル漫画は公式ホームページから“試し読み”ができる。

■デジタル『週刊バイブス』
http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/vibes/



オリコントピックス