• ホーム
  • 芸能
  • ふかわりょう、岡本イベントは「戦場でした」 秘密ゲストは作家・岩下尚史氏だった

ふかわりょう、岡本イベントは「戦場でした」 秘密ゲストは作家・岩下尚史氏だった

 たれんとのふかわりょうが12日、MCを務めるTOKYO MX『5時に夢中!』に生出演し、昨日11日に行われた岡本夏生とのイベントについて言及した。

 芸能ニュースを紹介するコーナーで、ふかわ自らイベントに関するニュースを取り上げると、まずは「私のイベントでお騒がせしました。申し訳ありませんでした」と謝罪。当日まで岡本と連絡が取れず、ドタキャンが騒ぎとなったが「彼女の理屈としては、本当に信じていれば、心配などしないだろう」と岡本の考えを代弁した。

 続けて、イベントの様子を「最初の10分は和やかだったが、残り2時間は戦場でした」と説明。また、シークレットゲストとして作家の岩下尚史氏に会場まできてもらっていたが、「戦場にお呼びするのは申し訳ない」と判断し、出演せずに帰ってもらったことを打ち明けた。

 この日の放送のゲスト出演していた岩下氏は、「ずっと袖で拝見していたけど、めったに見られないものだった。若い頃から色んな物を見てきたけど、あんな舞台は初めて。保健所に電話しようかと思った」と、ステージ上の大騒動を振り返った。

 同イベントを巡っては、岡本本人と当時まで連絡がつかず、直前まで岡本の出演取りやめという事態に。音信不通、失踪騒ぎとなったが開始直前に本人が会場に姿をみせたことから、予定どおりイベントにも出演。「今回、携帯電話の紛失により各方面との連絡が取れなくなっておりました」と弁明した。

 無事にイベントは開催されたが、主催者が終了後にあす12日とあさって13日の岡本の出演を取り止めを発表。「つきましては、ゲストを誠意キャスティング中です」と代役をオファー中であることを明かし、「何度も変更のお知らせをさせて頂き大変申し訳ありません。一連の関係者の皆様には多大なご心配とご迷惑をお掛けしました事を心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 代わりのゲストは12日が内藤聡子と、もともとシークレットゲストとして予定していた美保純。あす13日が上田まりえ。3日間通しゲストとして平野ノラが出演する。



オリコントピックス