鈴木えみ、13のキーワードで30年の人生を総括 家族3ショットも公開

 モデルの鈴木えみが、13日にファッションフォトブック『13』(宝島社)を発売する。13歳からモデルとしての活動をスタートし、昨年9月に30歳になった鈴木が「次のステップに進むため、人生の上半期をまとめたような一冊を作ってみたい」という思いから製作された本誌。自身にとって大切な13のキーワードを章立てし、写真とインタビューでこれまでの人生を総括している。

 キーワードは「Girly mind」「Fashionholic」「Beauty time」「LOVE」「Toughness」など、彼女を形成する言葉たち。それぞれをスタイリッシュでファッショナブルな写真とシンプルな言葉で紹介していく構成で、キーワードごとに異なったアプローチで表現されながら、根底でつながっている彼女のルーツとパーソナリティーを感じられる。

 「Family」の章では、夫と愛娘との3ショットを公開。「付き合って2週間でプロポーズされ、3ヶ月後に入籍」と報じられた電撃結婚についても、「お付き合いの期間が長くても、結婚してみてはじめて分かるような部分は誰にでもあるだろうし、どれだけ長い時間をかけてもお互い完璧には行かないだろうし。そこはあまり関係ないなって――。だから彼の勢いに身を委ねてみようかなと思った」と当時の心境を告白した。

 また、最後に収録されたロングインタビューでは、30年の人生を改めて回想。幼少期からモデルデビュー、活躍する雑誌の変遷、女優業への挑戦などストレートに語るほか、公表されなかった病気について、ネット上での事実無根の噂についても言及している。



関連写真

  • ファッションフォトブック『13』(宝島社)を発売する鈴木えみ(誌面カットより)
  • 鈴木えみファッションフォトブック『13』(宝島社)表紙

オリコントピックス