• ホーム
  • スポーツ
  • ナオト・インティライミ、サッカーボールで子どもたちと対決

ナオト・インティライミ、サッカーボールで子どもたちと対決

 現在、ホールツアーの真っ只中で全国を飛び回るナオト・インティライミが10日、イオンモール幕張新都心で行われた『ドリームキッズプロジェクト』のキックオフイベントに登場。同プロジェクトの“キャプテン”を務めるナオトは、幼稚園〜小学2年生までの約120人の子どもたちとサッカーボールを使った運動や一緒にダンスをして汗を流した。

 この日はキックオフイベントということで、ハイテンションで登場したナオトは「『イェ〜イ!』っていう気持ちはみんなにも負けてないよ〜! 一緒に楽しいことしようね!」と参加した子どもたちにアピール。「スポーツで一緒にカラダを動かしたりとか、音楽で歌を歌ったり踊ったりするのは、心がう〜んと大きくなって、カラダがムキムキって強くなるんだから」と、このプロジェクトの意義を語り、「ドリームキッズプロジェクト! オ〜!」とかけ声をかけると、子どもたちも「オ〜!」と元気いっぱいに返した。

 イベントは、午前の部が年中・年長の園児、午後の部が小学1、2年生の児童を対象に行われ、本田圭佑プロデュースのサッカースクール・ソルティーロのコーチ陣によるスポーツ指導を、市立船橋高校の生徒達がサポート。ナオトも子供たちと一緒に、汗だくになりながら鬼ごっこやドリブルゲームなどを行ったほか、ボールを宙に投げて落ちてくる間に何回手を叩けるか? など、子供たちとの対決も。鬼ごっこでは、“鬼に捕まってもナオトキャプテンとタッチすれば復活できる”という特別ルールに、フィールドを行ったり来たりしながら、「みんなつかまりすぎだよ〜!」と嘆いていた。

 また、ナオトによる歌のステージも行なわれ、ナオトの楽曲「Ballooooon!!」(2013年発売のアルバム『Nice catch the moment!』に収録)で一緒にダンス。1曲歌っただけですぐに見よう見まねで踊りだす子供たちにナオトも感心しきり。その後、ナオト自身が振り付けレッスンをし、ダンサーのほか、ジェフユナイテッド市原千葉のマスコット、ジェフィとユニティも加わり、全員によるダンスで大いに盛り上がった。 終始ノリノリで子供たちと触れ合ったナオトは、イベント終了後「また遊ぼうね!」と、汗を輝かせながら、子供たち全員とハイタッチをしてお別れ。「まだ一緒に遊びたい」と泣き出す子もいるなど、すっかり打ち解けた様子だった。

 同プロジェクトは「スポーツと音楽でカラダもココロも強くなろう」をコンセプトに、スポーツと音楽を通じて子供たちの「夢〜DREAM〜」を応援するというもので、全国各地のイオンモールにてイベントを開催予定。ナオトは“キャプテン”として、ボールを使ったスポーツのメニュー開発やイメージソング制作などを行っていく。



オリコントピックス